神明宮の製作

神明宮の製作を進めていきます。

昨日、仮組した段階で御扉の方が少し硬くて開けにくかったのでそれを少し手直しと

つくり忘れていた棟掛けの方を急いで製作しました。

これで忘れている部品などはないと思いますので完成まで進めていこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

今日は茅葺袖付宮の下屋根の勾配を切ろうとしていた時に機械の調子が悪かったので直していました。

直してから勾配を切ろうとしたらまた変わっていたので機械屋に来てもらって直してもらいました。

明日もきっといい日です。

しん

彫刻付棚板の彫刻した側板が出来上がってきたので

これから仕上げをして組み立てます。

棚板の中心に穴を開けてコーチボルトで壁に止める準備をします。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の組立

神明宮の胴の方を組立ました。

今回は土台の方へ完全に組み込んで貫に楔も打ち込みましたの

もう外れることは無いかと思います。

これから側板の長さを切ったり、中の床を取付ける用意をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

踏み台の貫の胴付きを加工しました。

次にほぞの長さを切り、柱に入るようにしました。

次は天板にホゾ穴を開けていきます。

明日もきっといい日です。

しん

彫刻付棚板の側板彫刻を施すのに下絵を描いています、

およその形からフリーハンドでさっさーと

全く絵心のない私はあこがれます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の組立

神明宮の胴回りを仕上げていきます。

前回、仮組したん段階では横方向に通っている貫が伸びたままになっていたの

長さを切断して本組出来るように準備していきます。

明日もきっといい日です。

けん

前に角ノミで開けて取り切れなかったところを鑿で取りました。

勾配が付いているので確認しながら取りました。

次に貫のほぞを取っています。

明日もきっといい日です。

しん

とても大きな彫刻付棚板の製作中、

地板と側板の取付部分のアリ加工が済み仮組をしました、

板の反り止めに側板の試しアリ加工を組んであります。

側板は型を抜いて彫刻を施しています。

明日もきっといい日です。

おやかた

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の組立

神明宮の後側の組立をしていきます。

側板の方を長さを切って一枚ずつ合わせて入れていきます。

本柱に加工を1つ忘れていたのでそれを明日やっていきます。

明日もきっといい日です。

けん

昨日、踏み台の原図を書いきました。

次に脚のくせと貫を試しに作りました。

貫のほぞ穴の原図が間違っていたので、直しました。

明日もきっといい日です。

しん

茅葺袖付宮の改装をしています、正面から入れることが出来る

御神札の高さは28㎝ですが、高さ32㎝の4㎝も高い御神札を

収めるために床を抜いて受けを作っています。

床を抜いても正面から御神札を収めることが出来ませんが、

下からであれば収めることが出来るようになりました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com