神額の製作

神額の製作

神額の製作を進めていきます。

とりあえず文字入れが必要なのは1つだけなので先に文字を彫って完成させるよう進めていきます。

彫刻刀を色々研いで彫れるよう準備を進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

結線

5尺型御霊舎のちりよけの上面を仕上げました。

建具の戸当りを作り忘れていたので作り、取付ました。

コンセントの結線をし、裏にシナベニアを貼り、本体が完成しました。

明日もきっといい日です。

しん

別誂えの御霊璽

茅葺屋根違3社宮の図面が完成、
別誂えの御霊璽の製作をはじめました。

明日もきっといい日です。

おやかた

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

5尺型御霊舎の製作

5尺型御霊舎のちりよけの木取りをし、大きさを決めました。

ちりよけの面と段差を付け、勾配を切り、下穴を開け、本体に取り付けました。

下穴の埋め木をし、面取りをしました。

明日もきっといい日です。

しん

神額の製作を進めていきます。

木曽桧の額縁を組み立てて残していた4カ所の角を改めてかこうしました。

額縁は後は塗装する位なのですが他の部品がまだ揃っていないのでそろい次第まとめて塗装します。

明日もきっといい日です。

けん

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

木曽桧の額縁の製作

木曽桧の額縁を製作を進めていきます。

模様の仕上げは組み立ててから加工する予定なので一度組み立てました。

留め先部分にノリが入っているので乾いてから仕上げ加工をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

5尺型御霊舎の上部の上の角を切り、真っ直ぐを出しました。

天井板の長さを切り、貼りました。

次はちりよけを作ります。

明日もきっといい日です。

しん

図面の続き、もう少し屋根の所に手こずっています。

明日もきっといい日です。

おやかた

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

棚板の取付

棚板の取付

東京都内のマンションの一室に棚板を2台取り付けました。
早朝に出発しましたが東名高速が通行止めのため
箱根の山を一般道で越え、1時間遅れで到着、
慣れたものでしっかり、がっちり取り付けました。
現場は一つとして同じ状態がないので
確実に取付けできるような準備が大切です。

明日もきっといい日です。

おやかた

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

5尺型御霊舎の製作

5尺型御霊舎の残り1台の上下を切り離し、鉋で真っ直ぐを出しました。

下部に巾木を取付け、上部の下を鉋で削り真っ直ぐを出しました。

下部の下も同様にしてから天井板を貼りました。

今は上部の角を切り、真っ直ぐを出しています。

明日もきっといい日です。

しん

簡易棚板の取付けへ明日東京へ向かう準備をします。

片道、6時間位掛かるのでゆっくり交代しながら向かいます。

無事に取り付けられると思います。

明日もきっといい日です。

けん

屋根の図

神棚の図の中で一番込み入っている屋根の図を書いています。
これが済めば製作を始めます。

明日もきっといい日です。

おやかた

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

図面

図面

先日より図面を書いています、
JWCADを使って製作図面書き、
それを元に神殿、神具を製作しています。
長年使っては居るので、
いろいろと素晴らしいテクニックがあるのを知っていますが
勉強不足、書くのがやっとです。
これにしても無料のソフトに感謝いたします。

明日もきっといい日です。

おやかた

木曽桧の神額の製作を進めていきます。

ミシン鋸で軽く挽いただけでは角が少し丸くなるため鑿でしっかり角を出してメリハリを付けていきます。

メリハリを付けておくと完成したときに美しく見えるかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

5尺型御霊舎の下の角を切り、鉋でまっすぐを出しました。

次は抜き引き出しの当たりを取り付けて、下部の天井受け桟を取付け、天井板を入れました。

その後はもう1台も同じように加工していきました。

明日もきっといい日です。

しん

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

5尺型御霊舎の巾木

は5尺型御霊舎の巾木

木製灯篭の破風加工の続きをし、横切りで割ってもらったのを仕上げました。

その後は5尺型御霊舎の巾木を作り、上部と下部を切り離しました。

切り離した所を鉋で削り、まっすぐを出しています。

明日もきっといい日です。

しん

簡易棚板の方が完成しました。

7尺の簡易棚板の方を昨日組み立てて今日は後の桟木を取り付けたので

これで完成です。取付に行くまで置いておく場所に困りますね。

明日もきっといい日です。

けん

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

大きな棚板の製作

簡易棚板の組立を進めていきます。

長さで7尺ある棚板になります。

この大きさになるともう一人で組み立てるのは無理で、ハタガネも3尺と4尺を合わせて固定しています。

こちらの棚板は今週末現場取付へ行く予定です。

明日もきっといい日です。

けん

5尺型御霊舎の内陣床板と下部の棚板の掛かる所を取り、床板と棚板を取付ました。

その後は木製灯篭の火袋の破風の数が足りないので作り始めました。

明日もきっといい日です。

しん

三重カナメの生け垣

三重カナメの生け垣を作りたくて早くから準備をしていたのですが
やっと植えることが出来ました。
20本の三重カナメが何本育つのか楽しみです。

明日もきっといい日です。

おやかた

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

棚板の組立

棚板の組立

連休明けで本格的に仕事を再開
棚板の組立しました。

明日もきっといい日です。

おやかた

雲板付格子付棚板の製作を進めていきます。

雲板と柱を立てて組み立てたので、正面も同じように化粧板を貼って仕上げます。

明日もきっといい日です。

けん

5尺型御霊舎の下部の床板の大きさを切り、後框に掛かる所を鑿で取り、貼りました。

次に内陣の床板と下部の棚板の木取りをしました。

大きさを決め、仕上げをし、今は後框の掛かる所を鑿でとっています。

明日もきっといい日です。

しん

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

雲板付格子付棚板の製作

雲板付格子付棚板の製作を進めていきます。

底側へ格子を貼り付けると接ぎ板の天板が木口、格子は木端と少し変な感じになるので

両側の木口面を化粧板を貼って綺麗にしておきます。

明日もきっといい日です。

けん

5尺型御霊舎の内陣の床と下部の床の受け桟を作りました。

長さを切り、合じゃくりをしました。

次は内陣床板と下部の床を作ります。

明日もきっといい日です。

しん

ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。