マス組

稲荷宮のマス組の加工をしています、

大斗は1寸3分くらいあるので加工もそれほど難しさはありませんが

巻斗は6分角くらいしかないので、穴を開け、小穴を突いて、アール面を取り

また小穴を突いてと加工順を狂わせると安全できれいな加工ができません。

おやかた

 

御霊箱の土台部分も部品がそろってきました。

枠を作る時は芋組をするより45度で止め先を合わせたほうが

合わせやすいので内枠も留めで加工しておきます。

けんけん

明日もきっといい日です。

 


「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、

ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレス

神棚の西口神具店
西口神具店は伊勢の宮師がご神木の木曽桧を使い本物の神棚、御霊舎、神具を手作りしています、豊富な施工例をご覧になって、ご自宅や事務所に実際に施工された様子を想像してください、きっとより豊かな生活を思い浮かべることでしょう、そんなお手伝いができる本物の神具店であることをご確認ください。

ご注文やご相談などお問い合わせはメールをご利用ください。

oyakata@ise-miyashi.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました