御霊舎の建具組立

厚屋根一社宮(大)

厚屋根一社宮(大)の胴を組立ました、これで胴部分は完成です。
続いて土台、高欄周りの製作に移ります。

明日もきっといい日です。

おやかた

小5尺型御霊舎の板建具を組立てました。

次は八足案の天板の木取りをし、接いでおき、足の木取りをしました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の製作を進めていきます。

御扉の端喰加工も終わったので方立などの木取りまでしました。

御扉を組立てる前に先に本体の方へ長押を取付ける準備をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

厚屋根一社宮(大)の加工組立

厚屋根一社宮(大)の加工組立

厚屋根一社宮(大)の胴を加工組立始めました、なかなか落ち着いて仕事が出来ず
やっと仕事にかかれました。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の製作を進めていきます。

昨日、ちょっと端喰をやり直すのに切った端喰の切断面

なかなか綺麗に付いててびっくり、これから端喰をやり直して方立を加工してきます。

明日もきっといい日です。

けん

中型御霊舎の框のホゾ穴と溝の掃除をしました。

次は小5尺型御霊舎の板建具の引き手の穴を空けました。

その後、突き板の仕上げをし、大きさを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

神明宮の板金

神明宮の板金

神明宮の板金が進んでいます、軒付けが済んで平葺を始めています。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の製作を進めていきます。

こんな感じで両側に端喰を加工をしたまではよかったのですが色々と

抜けている部分が合ったため反対側だけ端喰加工をやり直そうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

中型御霊舎の縦框のホゾ穴を空けました。

次に縦框の溝は抜ききらず途中で止め、横框の溝は抜ききります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

木曽桧について

木曽桧の木口

木曽桧のわかりやすい写真をHP用に撮影してたのですが
柾目の写真を撮ってもぼやけて見えるだけで何かわからないので
木口を仕上げて撮るとよくわかるようになりました。
木曽桧について」のページにアップできました。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の製作を進めていきます。

神明宮の御扉板へ喰加工をしてきます。

全部で4カ所あるのですべて同じようにぴったりと付く用に鑿を研ぎながら

加工を進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

中型御霊舎の縦框にホゾ穴の墨をしました。

次に横框にホゾを付け、胴付きを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

桧はしの製作

桧はしの製作

桧はしの製作を始めました、前回とは異なった加工法なので
少し考えながらの試作、ちょっと時間がかかるかも?

明日もきっといい日です。

おやかた

中型御霊舎の突き板の木取りをし、長さを切り、接げるようにしました。

本体の框の木取りをし、厚さと巾を決めました。

次は墨をします。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の製作を進めていきます。

欄干床の取付が終わったので御扉周りの製作を先に進めていこうかと思います。

長押の木取りは終わっているので御扉板を木取りしていつもと同じように

端喰加工をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

厚屋根一社宮(大)の木取り

厚屋根一社宮(大)の木取り

厚屋根一社宮(大)の木取りを始めました。このお宮は総木曽桧で製作します。
初めての製作なのでちょっと考えながら、出来栄えを確認しながらの製作になります。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の製作を進めていきます。

外側の欄干床を取付けたので次は内側の二列分床をいれたいきます。

欄干の途中に穴が開いていますがあれは棟持柱が通せるよう加工してあります。

床と床の間に隙間を空けているのは大雨の時に水が貯まらないようにしておきます。

明日もきっといい日です。

けん

小5尺型御霊舎の建具の面取りと溝とホゾ穴の掃除をしました。

後は仕上げをし、組立てるだけです。

次は中型御霊舎の製作を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

神明宮の高欄組立

金箔箔押し御扉

これが金箔箔押し仕上げの御扉金具を取付けた御扉ですけど
写真ではわかりにくいですが、表面のテカリがありません。

明日もきっといい日です。

おやかた

小5尺型御霊舎の板建具の面を取り付けました。

次に框のホゾを三方胴付きにしました。

今は面の仕上げとホゾ穴の掃除と溝の取りきれていない所を取っています。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の製作を進めていきます。

さて、御扉長押の下の側板を先に取付けたので早速欄干床などを組立てました。

外側から位置を決めて内側へ寄せていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

神明宮の製作

神明宮の製作

神明宮の製作を進めていきます。

早速、欄干床辺りを仕上げて組立てようと思いましたが

一カ所だけ先に側板を入れて組立てないと組み上がらない箇所があったので

急遽、側板の方を加工していこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

小5尺型御霊舎の板建具

小5尺型御霊舎の板建具の框にホゾと馬乗りを付け、胴付きを決めました。

次に柱にホゾ穴を空け、板のの溝を付きました。

今は面を取っています。

明日もきっといい日です。

しん

厚屋根一社宮 金具付のピントがぶれていたので
写真を撮り直しました、大きく拡大してみないとわかりません。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

金箔箔押し

金箔箔押し

茅葺一社宮のご注文頂いたお客さんが金メッキの金具を金箔箔押しに変更してくれとの
依頼を受けたので金具屋さんに頼んでいた金具一式が出来上がってきました。
上段が金箔箔押しを施した擬宝珠です。当然のことながら色も揃って
テカリがありません、大人の指向です。

明日もきっといい日です。

おやかた

小5尺型御霊舎の板建具の木取加工をしました。

眺めに切り、柱に墨をして、框にホゾと馬乗りを付けています。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の製作を進めていきます。

とりあえずは長押、欄干床まで仮に合わせた終わったので、束柱、欄干床辺りの方を組立ていこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

神明宮の屋根板金

神明宮の屋根板金

神明宮の屋根板金が軒付けに移ってきました。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の製作を進めていきます。

欄干床を一カ所ずつ合わせて仮に並べていきます。

床と床の間を一cmほど空けて欄干床に雨が入ってしまったと時に水がたまらないようにしておきます。

明日もきっといい日です。

けん

鳴動桶の溝の段差を取りました。

その後は小5尺型御霊舎の板建具の製作を始めました。

突き板の木取りをして貼り合わせれるようにしておいて、框の木取りをしました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。