御扉用の御翠簾

厚屋根通三社宮の御扉の裏側には戸張が下げてあるのですが、

ご注文いただいたお客さんのご希望で戸張ではなく御翠簾にしてほしいとの

ご依頼を受けて新たに製作しました。

見慣れた戸張と違い、いい感じで仕上がっています。

明日もきっといい日です。

おやかた

今日は天板の表と裏の仕上げして面取りをしました。

それから位置を固定する木の長さを切り一組、取付ました。

3尺の天板になるので振れ止めの大きさも変えないといけないので、

次に振れ止めの加工をしていきます。

明日もきっといい日です。

しん

桧一枚板の雲板付き棚板の方が完成しました。

お宮との高さもちょうどいいくらいだと思います。

かなりの重量になっていますのでしっかりと下地を探して取付けてください。

明日もきっといい日です。

けん

 


「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。

 

神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスにて

神棚の西口神具店
西口神具店は伊勢の宮師がご神木の木曽桧を使い本物の神棚、御霊舎、神具を手作りしています、豊富な施工例をご覧になって、ご自宅や事務所に実際に施工された様子を想像してください、きっとより豊かな生活を思い浮かべることでしょう、そんなお手伝いができる本物の神具店であることをご確認ください。

神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは

メールをご利用ください

oyakata@ise-miyashi.com

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました