額面の製作

稲荷玉垣の水くぐり用の部品を製作していきます。

玉垣の土台が腐りにくくするために1cm位の厚みの人造大理石に銅板を貼り合わせていきます。

玉垣の塗装が終わり次第、土台へ取り付けていきます。

明日もきっといい日です。

けん

額面の枠を組み立てました。

下穴を空けてビスで止めました。

その後は中の板の木取りをしました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

額面の製作

額面の製作

新たに大きな額面の製作を始めました、

一般品はセン材かタモ材で製作するのですが大きな額面なのでケヤキ材を使います。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根通し三社宮の御扉の製作を進めていきます。

戸当り、扉横、御扉定規などの部品を取り付けたら御扉の方は完成です。

金具付の御扉に関しては全て終わってから必要数だけ取付ます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮(大)の胴を組み立てました。

胴を組み立てたので次は屋根板の木取りをしました。

前の屋根板は接ぎ板なので接いでおきました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

板屋根通し三社宮の屋根取付

板屋根通し三社宮の製作を進めていきます。

土台、胴、屋根と出来上がっていましたのでとりあえず組み立てて形にしました。

笠木も部品が揃っていますので組み立てて取付けるだけです。

扉周りは部品数がが多いので加工するのも大変です。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮(大)の土台の枠に天板を取付けました。

次に長押と天板の根違いを鉋で取り、小口仕上げをしました。

その後に束と貫を取付てから基壇と巾木を取付けました。

明日もきっといい日です。

しん

額面の製作

今回はケヤキ材で額面を製作しています、止め加工が済んだので

組立をしました。これから彫部分をサンダーで仕上げ、中板製作します。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

額面の製作

額面の製作

額面の製作をはじめました、いつもはセン材にて製作するのですが

取り付けする鳥居が塗装しない桧材の白木なので木曽桧で製作しました。

まずはミシン鋸でくり型を抜いています。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮の製作を進めていきます。

昨日、組み立てた御扉に金具を打ってもらいましたので本体へ取り付けました。

高欄の方も「のぼり」以外は部品が揃いましたので明日中に完成するかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

額縁の枠の材料を木取りしてから、中の板を作りました。

文字の紙を板に貼り、文字を彫り始めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com