賽銭箱の製作

賽銭箱の製作

厚屋根一社宮の製作をまた止めて賽銭箱の製作を始めました。

節の多い材料から柾目の厚さ30㎜が取れる所を探しながらバンドソーで割りました。

厚さをある程度決めてから色や木目が大体合う4枚の板を合わせました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮7寸の垂木を取付ていきます。

3社製作しているので中々前へ進んでいきませんね。

垂木を並べるのに一苦労、これから取り付けるのにももう一苦労かかります。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮

茅葺袖付宮の屋根を取り付けました、年末が近づき神棚の注文が増えてきたので茅屋根を取付てすぐに発送できる準備を始めました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮完成

神明宮の方がやっと完成しました。

昨日、すべての部品が揃って、御扉を少し手直ししたりとやっていまして

中々組み立てる時間がなかったのですが今日、すべての工程が終了して

お社の方が無事完成しました。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の下屋根の勾配を切りました。

次に組立をして、長さを切り、下屋根が完成しました。

次は組立が途中だった茅葺屋根違い三社宮の組立をします。

明日もきっといい日です。

しん

彫刻付棚板の組立を始めました、

巾2尺もある一枚板の木口のアリ桟に差し込みます、

わずかな反りが邪魔にならないように厚板で挟み真直ぐにします。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

組立式祭壇

組立式祭壇が出来上がったので、お宮と三宝を並べて撮影しました。

必要に応じて案を足したり、減らしたりできるので

とても便利な神具です。

明日もきっといい日です

おやかた

神明のお宮の加工を進めていきます。

ほぞ穴を開け、側板の溝を仕切って土台を組立てる準備をしていきます。

土、日「おかげ横丁、匠展」大変盛況で疲れました、今日はゆっくり休みます。

明日もきっといい日です。

けん

朝は荷造をしました。

昼から茅葺袖付宮の屋根の合わせをしました。

今は、稲荷玉垣の墨付けを始めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺屋根違い三社宮の屋根組立

 

茅葺屋根違い三社宮の屋根を組立てています。

破風を最初に取付けてそれから垂木を並べていきます。

左右の屋根も同じようにしたらどうの方へ取付けていきます。

中央の屋根に関しては左右の屋根の茅屋根、笠木がのってからの取付になります。

完成まではまだかかりそうです。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の高欄を組立てる定規を作り、高欄を組立てました。

茅葺袖付宮の部品が揃ったので、次にお稲荷さんの玉垣の木取りを始めました。

今は柱と貫の木取りをして、なるべく節が出ないようにバンドソーで切ります。

お稲荷さんの部品の木取りは初めてなのでわからないことが多いです。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の笠木の背割りの埋め木、節の埋め木が出来ました、

これから墨付け、穴あけ、ほぞ取りなどの加工を始めます。

稲荷玉垣の木取りも始まり、大きな材料が工場中にあふれ出しています、

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

アリ桟加工冶具

棚板にアリ桟加工をするために板厚に合わせた冶具を製作、

アリ加工面を2,3回鉋調整すればしっくりと収まるようです。

明日もきっといい日です。

おやかた

本日は現場の方へ寸法を測りに行っていたため午後は不在でした。

午前中に茅葺屋根違い三社宮(小)の垂木や破風を少し加工したくらいで

あまり進んでいません。月曜日からまた頑張ります。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の笠木を組立てました。

今は高欄を組立てるための定規をつくっています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺袖付宮の高欄の加工

茅葺屋根違い三社宮の屋根周りの部品を加工しています。

左右と中央の屋根を組立てまして、それに合わせて垂木や破風などの加工をしていきます。

破風と左右の屋根はあと少し加工するところがあります。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の高欄のコロの加工をしました。

コロは8角で長さが12㎜と短く数が多いので加工が大変です。

平桁の上に付くコロは筋を入れます。

次に擬宝珠柱の加工をして、茅葺袖付宮の高欄の部品が揃いました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の笠木を太鼓引きの曲がり丸太から木取りしました、

3方を削って、矩を出してあります。

天場のアールをバンドソーで挽いてだいたいの形を決め、

背割りを埋め木始めました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺屋根違三社宮の組立

茅葺屋根違い三社宮の組立を始めました。

土台と欄干床、階段、胴を取付け終えたのでしばらく放置

これから屋根の方を組立てたり、垂木、破風などの加工をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の高欄の加工を進めました。

高欄の架木を丸めてから、地伏と平桁と一緒の長さを切りました。

次に地伏と平桁の組み合わせる所をラジアルソーでしゃくりました。

明日もきっといい日です。

しん

雲板付格子棚板の加工中、はじめから製作する時間がないので

確認を得て、お店に展示してあった

雲板付格子棚板の高さの調整を始めました。安請け合いをしたものの

雲板を外し、柱を切り直してもう一度取付けるのは

案外手間のかかる作業です。

明日もきっといい日です。

おやかた

茅葺袖付宮の高欄加工

茅葺屋根違い三社宮(小)の製作を進めています。

階段を組立てて金具まで取付ておきました。

階段の方も出来上がったのでこれから胴と土台天板をつなげて組立に入っていこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の高欄の木取りをしました。

地伏などの加工をしました。

上の擬宝珠柱は加工してあるものがあったのでそれを使います。

明日もきっといい日です。

しん

ヤフオクで鉋「女盛」を入手しました、価格も安く、あまり使っていないようです。

この刃口移動台がついていました、台の表面を削り直して見栄えを良くし、

刃口をぎりぎりまで攻め直して削れる状態まで台を修正し、

とんでもない刃を研ぎ直しました。水研きを使っても地金が硬く

なかなか下ろすことできませんが、

じっと辛抱して手研ぎが出来る所まで修正、刃を付けてみましたが

欠けがいっぱい出て、薄削りまではとても及びません。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺屋根違三社の製作

茅葺の屋根違い三社の製作を進めています。

組立をする前に仕上げなどいろいろ準備があるので中々、胴と土台を組立てることができないです。

もう少し、仕上げをしと加工をして今週中にお宮の形にしていきたいですね。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の笠木とアオリ板の加工を進めました。

アオリ板の厚さと巾を決めて、笠木に取付ける方を32度の勾配で切りました。

笠木は9Rのラジアルソーで鰹木を置く所を取り、端はダホ穴を開けました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の柱の背割り埋め木を始めました。

5年ほど自然乾燥させてある桧の丸柱の背割りは5分近く開いており

乾燥は十分です。この背割りに桧の板をテーパーに削って

叩き込んでゆきます。

明日もきっといい日です

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺袖付宮の御扉組立

特注品の神棚の製作を進めています。

高欄床を組立てて一晩おいておきます。その間に他の部品を加工していきます。

土台、胴、束柱、棟持柱、屋根と揃ったのでもう少し加工したら組み立てられるかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の御扉の幕板と横板と扉定規の木取加工をしました。

御扉の部品が揃ったので組立をしました。

今は笠木とアオリ板の加工をしています。

明日もきっといい日です。

しん

少し凝った棚板を製作するのに板接ぎをはじめました、

地桧の柾目板を接ぐ順番に並べて必要寸法に達するようにします。

いくつかの部品を作るために板接ぎを進めます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com