神明宮完成

神明宮の方がやっと完成しました。

昨日、すべての部品が揃って、御扉を少し手直ししたりとやっていまして

中々組み立てる時間がなかったのですが今日、すべての工程が終了して

お社の方が無事完成しました。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の下屋根の勾配を切りました。

次に組立をして、長さを切り、下屋根が完成しました。

次は組立が途中だった茅葺屋根違い三社宮の組立をします。

明日もきっといい日です。

しん

彫刻付棚板の組立を始めました、

巾2尺もある一枚板の木口のアリ桟に差し込みます、

わずかな反りが邪魔にならないように厚板で挟み真直ぐにします。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮胴周りの加工

神明宮胴周りの加工を進めていきます。

貫の加工が大体すんだので、本柱の方を八角に加工していこうと思います。

八角にする前に貫以外の穴を一度埋め木してから加工します。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の鰹木の加工の続きをしました。

次に笠木にアオリ板の位置を毛引きで墨をして、笠木を組立てました。

笠木を組立てたので本体の方に取付けて板葺袖付宮が完成しました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の柱加工が出来上がり、すべての部品が完成しました。

ペーパーで表面を仕上げ直して、塗装を依頼します。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の胴加工

神明宮の本柱へ加工を始めました。

最後は丸鉋で丸めていきますが、丸めてしまう前に他の加工をすべて終わらせておきます。

八角にしてから、貫や長押を合わせていきますので丸めるのは組み立てる寸前になるかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

昨日組立てた稲荷灯篭の台座を仕上げました、止めが完全に合っているので、

このように止めがつながった鉋屑がでます。また幅広の超仕上げの

精度も維持しています、精密木工には機械の精度維持が大切です。

明日もきっといい日です。

おやかた

板葺袖付宮の擬宝珠柱の加工をしました。

高欄に取付ける所をルーターで取りました。

ルーターで取った所を埋め木をして、丸のカッターで面を取り、丸棒サンダーで丸めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

板葺袖付宮の高欄部品の加工

神明宮の胴回りの加工を始めていきます。

胴の加工で少しわからない点がありましたので適当な材料で

加工に間違いが無いか確認してから木曽桧の材料の方へ加工をしていきます。

木取りした柱材へ墨だけ書いて加工を始め行きます。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の高欄の平桁と架木の組む所をラジアルソーで取りました。

次に束の長さを切りました。

12㎜と短く、数が多いので加工が大変です。

今は擬宝珠柱の加工を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の台座製作を始めました、柱の木取りを済ませ、

まずは台座の加工、組立をしています、1寸厚の桧の板が

隙間なく、きれいに組めています。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com