神明宮の屋根加工

神明宮の屋根周りの加工していきます。

先に墨をして加工してあるのですが、やはり微妙に合わないので調整して取付けていきます。

破風を取付たら屋根の方を加工していけると思います。

明日もきっといい日です。

けん

檜扇の箱の仕上げをして、箱が完成しました。

次は板葺袖付宮の垂木の長さを切りました。

垂木を取付ける定規が1つなかったので、定規を作り取付けました。

明日もきっといい日です。

しん

檜扇の製作を続けています、鏡板の丸め作業を始めましたが

木曽桧と違い、わずか7寸ほどの間に逆目が出来て止めることができません、

何度も丸鉋を研ぎ直してみましたが残念ながら太刀打ちできませんでした。

仕方ないので、ペーパーで修正します。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

檜扇の箱の組立

檜扇の箱の枠の留めを切りました。

次に枠の組立をしてから底板を枠より少し大きく作り、枠に取付けました。

次に蓋が枠の溝に入るように厚さを決め、長さを切りました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の屋根組立用土台が出来ましたので早速組立ました。

今回は垂木部品がないので破風、サス板を加工して取付ければ銅板下地の準備ができます。

もうちょっと屋根の方を進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

檜扇の製作をはじめています、すべて友木で作るため材料の選別します。

木目を合わせるために裏返したり、ひっくり返したり

まるでトランプの神経衰弱です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷鳥居の板金

稲荷鳥居の板金を進めています、笠木の天場板金をが済み、

柱の木口、根巻きの板金をしています。

5寸柱が出来、4寸柱へ仕事は移っています。

明日もきっといい日です。

おやかた

檜扇の箱の蓋を入るようにしました。

最初に作った分だけでは少し足りないので追加で何個かを作っています。

枠の大きさが決め終わり、蓋の入る溝まで付きました。

次は留めを切り、枠にします。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の屋根を組立てるための土台を製作しました。

板金するときにやはり必要かと思いまして製作中です。

今日組立ばかりですので明日この上で屋根骨組みを組立てようと思います。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の屋根骨組みの加工

神明宮の屋根骨組みの加工を進めていきます。

原図から屋根の勾配を拾ってそれに合わせて桁、梁、棟の勾配を加工していきます。

桁梁の加工もほとんど終わったので仕上げをして組み立てていこうかと思います。

また、台風が来てますのでお気を付けてください。

明日もきっといい日です。

けん

檜扇の箱を作っています。

今回は枠と底と蓋とすべて一つの木で作りました。

前に作ったので大体作り方を覚えているのでもうすぐで完成します。

明日もきっといい日です。

しん

友人のCraft Wakuさんが「つくりびと展」に出展しており、

薄削りの実演をするのでお手伝いにさんかしました。

思った以上に盛況で持ち時間の1時間はあっとゆう間に過ぎました、

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com