桧の一枚板016

桧の一枚板016 木表

桧の一枚板シリーズ 桧の一枚板016 をアップしました。
まだ沢山の桧板があるのですが簡単に取り出して写真を撮れるものが
ないのでこれで一段落。
明日から出張のため荷物の積み込み、道具の準備を手伝いました。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の本体の部品の加工は殆ど終わっているので組めるようにホゾ穴などを掃除しました。

その後浜床の仮組みをしてから組立をしました。

明日は組込式御霊舎の取付に現場に向かいます。

明日もきっといい日です。

しん

本当はゴールデンウィーク前に現場に取付に行く予定でしたがいろいろありまして一ヶ月ほどずれてしまいした。

現場の方がかなり遠いので今日積み込んで明日、半日かけて移動します。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

桧の一枚板014を追加

桧の一枚板014

桧の一枚板014を追加しました、まだ沢山の桧の一枚板があるのですが
引っ張り出して、写真を撮って、ページをつくる。
慣れてきましたが手間がかかります。
今回は一般的な家庭用の大きさの板をアップしました。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の屋根の銅板の割り付けをしました。

次に笠木とアオリ板を作り、組立をしてから鬼板と鳥襖をミシン鋸で切り抜きました。

勝男木と千木は前に作ったのがあるので屋根の加工は終わりです。

明日もきっといい日です。

しん

茅葺屋根違三社宮の製作を進めていきます。

茅を葺いていく用の下屋根はこれで準備完了なのでその間に土台周りから

製作を進めていこうかと思います

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

桧の一枚板更新

桧の一枚板009

最近 桧の一枚板に関するお問い合わせが多く、
在庫もたくさんありますがなかなかアップできずにいたので
ここ数日で写真を撮りながらページを作ってご紹介します。
これは桧の一枚板009ですが巾54cmあり両面無地の素晴らしい桧板です。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の屋根板を貼りました。

次に前屋根の端を少し反り上げてからルーフィングシートを貼りました。

今は銅板の割り付けをしています。

明日もきっといい日です。

しん

茅葺の屋根違三社宮野製作を始めて行きます。

茅葺のお宮の屋根は出来上がるまで時間がかかるので

最初に茅を葺いていくための下屋根だけ準備してからお宮の部品を木取りしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

雲板付棚板の製作

雲板付棚板の製作

雲板付棚板が出来上がりました、棚板は桧の一枚板で製作しました。

巾が50cmを超える桧の一枚板はかなりレアな材料です。

明日もきっといい日です。

おやかた

欅賽銭箱の吹き付け塗装中

賽銭箱本体の方を午前中に組み立ててから塗装作業をしていきます。

中々慣れない塗装作業で塗りムラなどが出ないよう気をつけながら作業しいきます。

明日もきっといい日です。

けん

家紋の彫刻の続きをしました。

周りの黒い所は取り終わり、次は枝の所を取ろうと思いますが

先に賽銭箱に「奉献」の文字を彫ります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

桧一枚板の製材

最近、知った津の製材所で 桧の一枚板を2つ割りにしてもらいました、

元は厚さ4寸あったのですが、余りにも厚すぎるため2枚割にしました、

予想通り表裏全く傷もなくいい板が取れました、

もうこの板は2枚とも注文を頂いている板なのでしばらく置いてから

棚板に加工します。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の屋根に垂木の方を並べていきました。

今回のやり方はいつも少し違うやり方でやっております。

今、廻り縁と鼻隠しなどの加工をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

午前中は桧の一枚板を2つ割りにしてもらいに製材所に行っていました。

帰ってきてからは割ってもらった一枚板に割れ止めを塗りました。

それから稲荷玉垣の控柱に貫のほぞ穴を開けました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

桧の一枚板の更新

こんな桧の一枚板を引っ張り出してページを作ろうとしていましたが

雑用がはいりなかなか前に進みません、もう少しゆっくりした時間が欲しいです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

桧の一枚板を紹介

神棚用の桧の一枚板を紹介するページを作り始めました、

とりあえず3枚だけしか紹介できていませんが今後は増やしていく予定です。

明日もきっといい日です。

おやかた

昨日、木取りした材料を接いでいきます。

4寸くらいまでは普通に木取りできるのですがそれ以上になると木取りがむずかしくなってきますので板を接いで作っていきます。

夏場はノリが乾くのが早いので早いペースでノリ作業を行います。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺一社宮の破風を取付て垂木の長さを決めました。

今は束柱と高欄床の加工を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

ひもろぎ台の組立

ひもろぎ台の底板の仕上げをしてから組立に入りました。

組立て方は玉垣と同じで枠を作って垣板を取付けてから底板に取付けます。

垣板の取付が終わったので完成まではあと少しです。

明日もきっといい日です。

しん

八足の修理をしてから、荷造りをしていて

自分の仕事をほとんど進めておりません。

厚屋根違い三社宮の屋根が完成するまではもう少しかかります。

明日もきっといい日です。

けん

桧の1枚板の棚板が出来上がりました、各部品を仮組して組立を確認し、

分解して発送しました。やっと一段落がつきました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

桧の一枚板仕上げ

桧の一枚板の仕上げを始めました、

鉋の刃を研いで、台を調整してからの作業です。一番簡単できれいな鉋屑が出る

これは材料の端っこの仕上げの様子、両面とも結構上手に仕上がりました。

明日もきっといい日です。

おやかた

厚屋根違三社宮(小)土台の方がとりあえず完成しました。

天板を受ける桟木を取付け終えたらしばらく放置です。

欄干床や胴周りが出来てくるまでは置いておくだけになります。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮の屋根に笠木を取付て、鰹木を取付けました。

これで厚屋根通三社宮の本体が完成しました。

後は御扉と高欄を作っていきます。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

桧の一枚板に接ぎ足し

 

桧の一枚板の末口の幅が少しだけ足らないので板を接ぎました、

木端を削って末口に近い部分だけを足すことができないので

結局、長い材料を接いでから斜めに切り落とします。

接いだ部分は受け桟で隠すことが出来ます。

明日もきっといい日です。

おやかた

厚屋根通三社宮の御扉の加工を始めました。

今は御扉の柱と長押の加工をしています。

まだ柱と長押だけなので扉の板などの木取はしていません。

明日もきっといい日です。

しん

茅葺の練習をしております。

ただ、茅を並べるだけでは後のことを考えながら茅の葺き方、差し茅の位置場所などいろいろ学ぶことが沢山あります。

やる工程は大体わかりましたので後は、数をやることとセンスですね。

咳が止まらないので流石に薬をもらいに病院へ行ってきました。

明日もきっといい日です。

けん


「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com