神明宮の長押の加工

神明宮の長押の方を加工しました。

長押を合わせたのでこれから側板の方を木取りして胴を組立てられるように

進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

玉垣の柱と垣板の勾配を切り、長さを決めました。

数が多いので勾配を切るだけでも大変です。

今は貫の長さを切り、ほぞを付けています。

明日もきっといい日です。

しん

板葺袖付宮の組立が進み、袖部分を取付して

だんだんとお宮の形が見えてきました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

格子付棚板の製作

格子付棚板の製作を始めました、もろもろがちょうど一段落したので

2,3日で出来る仕事を挟み込みました。

お正月に向けてどの仕事もあまり余裕がありません。

ケガをしないように焦らず進めたいと思います。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の胴回りの部品を仮組中です。

柱の中で組むような感じですので貫がスッと入るように微調整していきます。

後の方は大体合わせましたのでこれから前の方も同じように合わせていきます。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の屋根を組立ててもらっています。

屋根が出来てきたので胴の根違いを取りながら屋根を1つずつ勾配に合うように削り合わせています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮胴周りの加工

神明宮胴周りの加工を進めていきます。

貫の加工が大体すんだので、本柱の方を八角に加工していこうと思います。

八角にする前に貫以外の穴を一度埋め木してから加工します。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の鰹木の加工の続きをしました。

次に笠木にアオリ板の位置を毛引きで墨をして、笠木を組立てました。

笠木を組立てたので本体の方に取付けて板葺袖付宮が完成しました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の柱加工が出来上がり、すべての部品が完成しました。

ペーパーで表面を仕上げ直して、塗装を依頼します。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

伊賀米入荷

これから1年間分の伊賀米が入荷しました、

昨年の古米が少し残っていますがいつも通り頼んでいます、

これで何があっても食べることに困りません、とても安心出来ます。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の胴回り部品の加工を進めていきます。

長押や貫を木取りしたので順番に加工していきます。

胴の組立まではまだまだ時間が掛かります。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の鰹木を丸棒サンダーで太鼓状に丸めています。

最初に荒いペーパーで丸めて、金具が少しきつい所まで丸めます。

次に細かいペーパーで丸めて、金具が楽に入るようにしています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の長押、貫木取り

神明宮の長押、貫などを木取りしています。

土台、柱などを気取った時に余分にあった材料でいけると思いましたが

ど真ん中に「ヤニ」がでてきましたので別の材料を探します。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の高欄を1つ組立てました。

次に擬宝珠柱の長さを切りました。

擬宝珠柱を取付て高欄が完成しました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の建具製作を始めています、すべての部品加工が終わり、

水引きして放置します、週明けには仕上げて組み立てます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の胴加工

神明宮の本柱へ加工を始めました。

最後は丸鉋で丸めていきますが、丸めてしまう前に他の加工をすべて終わらせておきます。

八角にしてから、貫や長押を合わせていきますので丸めるのは組み立てる寸前になるかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

昨日組立てた稲荷灯篭の台座を仕上げました、止めが完全に合っているので、

このように止めがつながった鉋屑がでます。また幅広の超仕上げの

精度も維持しています、精密木工には機械の精度維持が大切です。

明日もきっといい日です。

おやかた

板葺袖付宮の擬宝珠柱の加工をしました。

高欄に取付ける所をルーターで取りました。

ルーターで取った所を埋め木をして、丸のカッターで面を取り、丸棒サンダーで丸めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

板葺袖付宮の高欄部品の加工

神明宮の胴回りの加工を始めていきます。

胴の加工で少しわからない点がありましたので適当な材料で

加工に間違いが無いか確認してから木曽桧の材料の方へ加工をしていきます。

木取りした柱材へ墨だけ書いて加工を始め行きます。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の高欄の平桁と架木の組む所をラジアルソーで取りました。

次に束の長さを切りました。

12㎜と短く、数が多いので加工が大変です。

今は擬宝珠柱の加工を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の台座製作を始めました、柱の木取りを済ませ、

まずは台座の加工、組立をしています、1寸厚の桧の板が

隙間なく、きれいに組めています。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の製作

神明宮の製作を進めていきます。

鰹木の方をすべて旋盤でかこうしましたのでこれで屋根周りの部品は一通り揃いました。

明日からは全く手を付けていなかった胴回りの方を製作していこうかと思います。

屋根の方は板金作業に取り掛かっています。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の高欄の加工を始めました。

地伏と平桁と架木は仕上げをしてから長さを決めました。

今は地伏の組む所をラジアルソーで取っています。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の銅板屋根下地が出来上がりました、

笠木と鬼板を製作してから、台の製作を始めます、

同時に建具の製作も進めています。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

鰹木の加工

神明宮の鰹木の加工をしていきます。

色々やり方はあると思うのですが今回は旋盤の方で鰹木を製作していきます。

6本くらいなのですぐ終わると思いますが節などに気を付けながら作業していきます。

明日もきっといい日です。

けん

ねじ式の八足のあしを組立てました。

天板の木場と小口を仕上げて、八足は完成しました。

次に板葺袖付宮の扉板のほぞを加工し、組立てました。

戸あたりと横板と幕板の長さも切り、取付けました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の銅板屋根の下地を加工はじめました、

まず基準になる隅の下地材を取付けます、屋根が照り屋根で

アールになっているので微妙に勾配を付けながら、並べてゆきます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

小型御霊舎の組立

小型御霊舎の胴部分の組立をしています、

四方の柱にそれぞれ側板、裏板を差し込み輪ゴムで締め付けておきます、

締め付け方向や強さを変えられる輪ゴムは優れたクランプです。

明日もきっといい日です。

おやかた

板葺袖付宮の御扉の柱と長押の組む所をラジアルソーで取り、長押に扉板のほぞ穴を開けました。

次に扉板と幕板、横板、扉定規の木取加工をしました。

仕上げをしてから扉板の長さを切りました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の笠木周りの加工を進めていきます。

笠木の方には勝男木をダホで止めるためダホ穴だけあけておきます。

笠木はやることが少ないですがこれから千木の勾配の方を合わせていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com