しばらくは図面書きが続きそう、
昨日現場確認をしたお宮の図面を書かねばなりませんが
先に注文を頂いたお宮の図面がまだできません、
気分を変えながらしばらく続きそうです。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の製作を進めていきます。

お宮の内陣の床を加工したので並べていきます。

床も1寸ほど厚みがあるので壁板と同じように雇い実を一応入れておきます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の笠木と鬼板、堅魚木、千木、鳥衾を取り付けました。

その後は特注の中型御霊舎の框の木取りをしてホゾを付け、胴付きを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷鳥居の製作

稲荷鳥居の笠木

稲荷鳥居の笠木の背割りを埋める作業をしていきます。

笠木と、鳥居の柱と背割り部分を埋めていかないといけないのでまぁ、大変ですね。

笠木の背割りは埋め終わったので次は鳥居の柱を埋めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

今日は板葺流れ造8寸の図面を書いていました。

ある程度の図面は完成していますが、寸法が余り正確ではないので寸法を修正しながら書いています。

明日もきっといい日です。

しん

昨日現場採寸した場所に収まる御霊舎の図面を書いていました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com