唐櫃台の組立

唐櫃台の組立

唐櫃台「四方転び」の組立をしました。

最初に横の貫を途中まで入れ、次に奥行きの貫を入れて、天板のホゾに脚のホゾを入れました。

脚のホゾと貫のホゾを交互に入れながら組立をしました。

後は天板の上面を仕上げをすれば完成です。

明日もきっといい日です。

しん

唐櫃 金具を取り付け始めました。

ちょっよ普段取り付けている金具と雰囲気が違ったので考えながら取り付けていたので時間が掛かりました。

もう一台は同じように取り付けていくだけですのでそれ程悩むことは無いと思います。

明日もきっといい日です。

けん

柳筥の紐通し

柳筥の仕上げに紐通しをします、小さな穴にと慣れない作業に

四苦八苦しております。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

唐櫃台製作

貫の胴付き加工

四方転びの脚のホゾ穴を角鑿で空けました。

次に貫と脚の胴付きを横切りで決めました。

その後ホゾ取り機でホゾを付け、取り切れない所を鑿で取っています。

しん

明日もきっといい日です。

唐櫃本体の方が完成してきます。

蓋の加工もすべて終わったので大体こんな感じになります。

脚の組立方を考えてこれから脚を取り付けていこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

組立用作業台

柳筥の組立をする前にしっかりとして、平面が出ている

作業台の製作をします。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

ミニ削ろう会IN伊勢の準備

ミニ削ろう会IN伊勢の削り台

ミニ削ろう会IN伊勢の実行委員会を開くに当たり

削り台を1台組み立ててみました。準備、確認事項を再チェックします。

明日もきっといい日です。

おやかた

唐櫃銀杏面の仕上げをしていきます。

箱は最初に仕上げてありましたが余り調子が良くなかった面を

もう一度、銀杏鉋の刃をしっかり研いで仕上げ直します。

明日もきっといい日です。

けん

四方転びの天板のホゾ穴空け

四方転びの天板のホゾ穴空けの続きをしました。

天板が終わってからは脚の横の貫のホゾ穴を角鑿で空けました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

唐櫃蓋の銀杏面加工

唐櫃蓋の銀杏面加工の続きをしていきます。

R部分、直角部分の銀杏面が取り終わったので

銀杏面鉋の三角の部分を少し改良して直角でない面を削っていきます。

明日もきっといい日です。

けん

四方転びの天板のホゾ穴空け

四方転びの貫の墨付けの続きをしました。

次に天板の墨付けをしてからホゾ穴を空け始めました。

最初にドリルで穴を空け、残った所を鑿で綺麗に取っています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

四方転びの墨付け

唐櫃蓋の銀杏加工を始めました。

まっすぐな面を鉋で通すのはそれ程難しくありませんが

丸みの部分に銀杏面をつけるのは大変くろうします。

丸みのある面が終わったら次は角度が直角でない面の銀杏面を取ります。

明日もきっといい日です。

けん

四方転びの墨付け

四方転びの墨付けを始めました。

脚の胴付きとホゾの位置を[中勾]と[小中勾]の勾配を使い墨をしました。

次に貫の胴付きを[中勾]と[短玄]の勾配を使い墨をしています。

使う勾配や勾配向きを間違えないようにしないといけないので大変です。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

唐櫃蓋の組立

唐櫃蓋の組立をしました。

蓋がRになっていますのでクランプで思いっきり固定していきます。

板の巾が広い分五分くらいの板を曲げるのは簡単です。

さて、蓋を組み立てたので箱の銀杏面を加工していこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

唐櫃の置く台の試作

柳筥の三角材仕上げの仕上げをしました。

次に唐櫃を置く台の試作をしています。

四方転びなので加工が大変です。

明日もきっといい日です。

しん

柳筥の組立

柳筥の三角材の組立中、とにかく洗濯バサミをたくさん使って固めます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

銅板下地作り

八月六日の土曜日に四方転びの大会がありました。

今まで練習では6時間以内に完成したことがなく

かなり緊張しました。正直、完成するのか心配でした。

ちょっと慌てたりして原図の線が歪んだり、

墨付けを間違えたりしましたが、物としては6時間以内に完成しました。来年はもう少し落ち着いて出来そうです。

明日もきっといい日です。

けん

今日は尺灯篭の笠木と屋根と破風を取付けました。

後、オガワラを取付ければ完成です。

今は、破風の数が少ないので破風を作っているところです。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮の胴の製作もかなり進んできました、

浜床部分は完成し、高欄の組立を進めているところです。

胴と屋根は別々に製作し、両方が出来上がってから

組み立てます。

明日もきっといい日です。

おやかた


「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスにて

http://ise-miyashi.com/

神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは

メールをご利用ください

四方転び

四方転びの練習をやっております。

本番は(めらぴ)っていう聞いたこともない材料ですが

練習は工場に沢山置いてある桧でやります。

完成時間は6時間以内なのですが中々6時間以内に完成しません。

もうちょっと頑張ります。

明日もきっといい日です。