厚屋根違三社宮の破風取付

破風にムチカケ取付用の穴をあけたので屋根の方へ取付を始めました。

午前中は荷造りだとか別のことをしていたので

厚屋根違い三社の方があまり進んでいません。

明日からは厚屋根違い三社宮の方をメインで進められるかな

明日もきっといい日です。

けん

登りの加工の続きをしました。

次に上になる方を丸鉋で丸めました。

大体丸め終わったので次は丸鉋を研いで仕上げます。

仕上げが終わったら巾を決めます。

明日もきっといい日です。

しん

格子付棚板が出来上がりました、板葺一社宮(大)の特別神具セットを

並べるため少し大きめの棚板です。本日、荷造発送します。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根違三社宮の屋根加工

 

厚屋根違い三社宮の屋根の加工を進めています。

ここから一本ずつ12㎜の溝をついて

それを際鉋でしあげる工程があるのでそこが時間がかかりますね。

明日もきっといい日です。

けん

玉垣の床板の木取りをして厚さまで決めました。

次に垣板の厚さと貫の幅と厚さを決めました。

柱の仕上げをしてから面取りをして、長さを切るところまで来ました。

明日もきっといい日です。

しん

さくらの木の下で長い間乾燥させていた木曽桧の柾目板に

黒いアクが深く入り込んでしまいました。

とても落ち着いた木目の木曽桧に表面から2分くらいまでアクがあり、

1寸2分の板が1寸厚に削り上げることが出来なくなってしまいました。

今までこんなことは無かったのでいい勉強になりました。

明日もきっといい日です。

おやかた

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根通三社宮の高欄組立

階段の方を組立て始めました。

厚屋根違い三社宮の欄干床の部品が揃いました。

1社だけ金具付きにしようと思っているのでボンドがしっかり

乾いてから階段金具を取付けます。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮の高欄を組立てました。

組立てる前に地伏と平桁にほぞを付けました。

今は少し「コロ」が足りないので追加で作っています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根違い三社宮の欄干周りの部品

厚屋根違三社宮の欄干周りの部品が揃ってきました。

束柱、付け柱、階段などの部品が出来上がってきたので

仕上げをして、組み立てる準備をしようかなと思っております。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮のギボシ柱に登りの溝を付きました。

登りの溝を埋めておかないと丸める機械が通りにくいので埋めてから丸め加工をしました。

明日もきっといい日です。

しん

御霊舎小5尺型の内部が出来上がったので、上下を切り離しました。

切り離してから目違いを取り、上下をすり合わせます。

順調に仕事が進み、完成が見えてきました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根屋根違い三社宮

胴の方をとりあえず一社分組み立ててみました。

胴の方ができたので次は欄干床周りを準備していこうかな思っています。

新しい仕様になるので組み立てるときも少し考えて組み立てておりました。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮の扉板の加工をしました。

幅と厚さを決めてからほぞになる方を丸めました。

ほぞの加工が終わったので扉板の加工が終わりました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚板屋根違い三社宮

胴回りの部品が一通り揃ったの組立の準備を始めていきます。

組立まではまだまだやることも沢山ありますのでもう暫く胴回りの完成まではかかると思います。

仕様が少し変わっていますので前回製作した治具が使えるかわからないので

それも確認しながら進めていこうかな。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮の御扉の柱と長押の加工をしました。

長押に扉のほぞを開けて、柱と長押の加工が終わりました。

次は扉板の木取をします。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根違三社宮の土台

厚屋根違三社宮の土台の組立を始めました。

ただ留めを切ってつけるだけでは強度が足りないので一応「サネ」を入れて組み立てます。

冬場は寒くてノリが乾くのに時間がかかりますのでその間に別の部品の加工を進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

御霊舎小5尺型の箱組を始めました、前後の框を先に組み立ててから

側板をはめ込んで箱組します。上下の箱を一気に組んで

後で切り離します。これから御扉など内部の加工を始めます。

明日もきっといい日です。

おやかた

厚屋根通三社宮の本体にアオリ板を取付けました。

次は笠木を置いて固定してから鰹木を付ければ厚屋根通三社宮の本体が完成します。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根通三社宮の屋根組立

厚屋根違い三社宮の製作開始です。

とりあえずは、接ぐ材料と土台を選んで削っていきます。

欄干あたりが現在のお宮とは少し変わるため考えながら加工を進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮の屋根の木場と小口を仕上げました。

木口は鉋の刃が切れていないときれいに仕上げれないのでしっかりと研いでから仕上げました。

仕上げが終わったので厚屋根通三社宮の屋根を組立てました。

明日もきっといい日です。

しん

御霊舎の柱の丸め加工が済みました、

重ねて置いてあるとまるでかまぼこのようです、長押の埋め木を

はずすと柱の様子がよくわかります。

明日もきっといい日です

おやかた

厚屋根違三社宮の原図

去年は特注品の神棚ばかりやっていたので既製品の神棚の在庫が少なくなってきました。

いつから始めたかわかりませんが「厚屋根違三社宮」の仕様を変更しようと思って書いた原図を仕上げていきます。

大体の形が見えてきたので木取りを始めたいと思います。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮の半柱の長さを切り胴に取付けました。

次に厚屋根通三社宮の屋根の木口を18度の勾配で切り長さを決めました。

今は垂木と破風を木取しています。

明日もきっといい日です。

しん

チームBのWAKUさんがカナダ人の削リストを連れてやってきました、

薄削りにはまっていて、来日の目的は三木の金物屋さんめぐりや

WAKUさんとの薄削り対決らしいです、

工場でも木曽桧の材料を熱心に削っていました、私は鉋の準備が

出来なかったので手元にある鉋での薄削り、いい数字が出るはずもなく

雑談をして帰られました、久留米の大会にも出場するようです。

明日もきっといい日です。

おやかた

 


「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com