厚屋根違い三社宮の屋根組立

厚屋根違い三社宮の屋根を組立て始めました。

木口、屋根の段々に加工したところ、木端すべて仕上げをしてから

組立を始めているので中々時間がかかります。

あと少し屋根を組立てて、破風の加工を始めます。

明日もきっといい日です。

けん

ひもろぎ台の底板に出来た枠を取付けました。

枠を取付が終わったのでひもろぎ台が完成しました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

ひもろぎ台の組立

ひもろぎ台の底板の仕上げをしてから組立に入りました。

組立て方は玉垣と同じで枠を作って垣板を取付けてから底板に取付けます。

垣板の取付が終わったので完成まではあと少しです。

明日もきっといい日です。

しん

八足の修理をしてから、荷造りをしていて

自分の仕事をほとんど進めておりません。

厚屋根違い三社宮の屋根が完成するまではもう少しかかります。

明日もきっといい日です。

けん

桧の1枚板の棚板が出来上がりました、各部品を仮組して組立を確認し、

分解して発送しました。やっと一段落がつきました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

ひもろぎ台の柱加工

 

八足案ねじ式の座の部分が壊れてしまったみたいなので修理します。

アリ段式の八足は何回か直したことがあるのですが

ねじ式の八足を修理するのは初めてですね。まぁ、修理といっても一度穴を埋めて金具を付け替えるだけなのでそれほど手間はかかりません

明日もきっといい日です。

けん

ひもろぎ台の柱と垣板の勾配を切り終わり、部品の加工が大体終わりました。

次は底板の仕上げをします。

仕上げが終わったら組立に入ります。

明日もきっといい日です。

しん

棚板の前に下げる別染の神前幕を合わせてみました、

ちょうどいいサイズで出来上がっています。

雲板に神前幕を下げる紐をひっかけるヒートンを付けるための

下穴をあけました。

明日もきっといい日です。

おやかた

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根違三社宮の屋根加工

厚屋根違い三社宮の屋根の方がほぼ加工が終わりました。

今日、小口側の勾配を切ったので破風の取付位置を墨し小口仕上げしあたら  組立を始められそうです。

破風、垂木は先に木取りしておいたので長さを切ってこれから加工します。

明日もきっといい日です。

けん

ひもろぎ台を作っています。

形は玉垣と同じですが、大きさと高さが違います。

柱や床板にほぞ穴をあけ終わり、次は柱の山を切ります。

明日もきっといい日です。

しん

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com