稲荷玉垣の土台加工

稲荷玉垣の土台加工

稲荷玉垣の土台加工を始めました。
大きな材料を振り回しながら、狭い場所での加工です、
幸いホイストがあるので力はいりません。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

側板などの長さを切って組み立てられるよう準備していきます。

本体へ組み立てるときには本柱、向拝柱、長押など同時に組み立てないといけないので

組立に必要な部品をそろえてから、仕上げして組み立てていきます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の御扉の長押にホゾ穴を空けてもらい、左右の上下長押と中央の上長押の長さを決めました。

胴部品の長さを切り、側板と裏板、桁の勾配を切りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の板金

祠宮の前屋根

祠宮の前屋根の板金が出来上がり、千木、堅魚木、鬼板などの
役物板金に進みます。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮の裏板を接いでから側板と桁の厚さ、幅を決めました。

次は御扉板の長さを切り、ホゾを付けました。

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の製作を進めていきます。

本体側の部品の加工も進めていますが糊の乾き待ちなのでその間に鬼板の方の絵を

書いてミシン鋸でじわじわ抜いてきます。

1寸ほど厚みがあるので本当に少しずつしか鋸が進みません。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の製作

祠宮の製作

祠宮の製作を進めていきます。

長押の方は大体合わせたので側板辺りの木取りをして借組できるよう準備します。

塗装しない普段御お宮の場合は側板の木目、色などをなるべくそろえますが今回は朱色で塗ってしまうので

見たところ揃っているような感じでいきます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の高欄の架木と束の長さを切りました。

高欄部品の組み合う所をラジアルソーで取りました。

今は胴部品の木取りをし、3枚割にしました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷玉垣の土台墨

稲荷玉垣の土台墨をしていますが、材料が足らなくなり、もう少し追加木取りが必要です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

板屋根違い三社宮の土台部品製作

祠宮の板金

祠宮の板金が進み、屋根の後ろ側ができました。明日は祭日ですが休まずに
屋根の前を板金します。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

屋根周りの板金作業が進んできているので笠木周りの板金ができるように材料を準備しました。

後は鬼板だけ絵を描いてミシン鋸で形に抜いていきます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の土台の束と貫の長さを切り、土台に取り付けました。

階段は幅広の板を段数分に割って作ります。

今は高欄部品の長さを切っています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

椎茸の菌埋め

隣の山の木を切ってもらったら、一緒にクヌギがたくさん出てきたので
1m位に切りそろえてあるクヌギに椎茸の菌埋めをしました。
意外にたくさん埋めるので慣れぬ仕事にはかどりませんが
ぼちぼちと進めてゆきます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の板金

祠宮の板金

祠宮の板金が始まりました、屋根を裏返してキャラバを貼ってから、軒付けに移ります。
軒付けを終わらせてから、再び屋根を裏返します。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作をしていきます。

笠木周りの加工もありますが平行して、本体の方の加工も進めていきます。

長押などは現物へ仮組みして合っているか確認します。

まだ壁板などを入れる溝の加工などやることがあります。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の土台部品の長さを切り、組立ました。

次は土台の基壇、と束、貫、巾木の木取りをし、大きさを決め、仕上げました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

板屋根違い三社宮の御扉製作

稲荷玉垣の土台加工

稲荷玉垣の墨付けが済んだので、土台加工を始めました。
しばらく使っていなかった叩きのみを研いで使えるようにしました。
まだ使い慣れず微妙なところがありますがボチボチ慣らしてゆきます。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮の御扉の柱を丸鋸で丸めました。

柱の長さを切り、長押と柱の組み合う所を取りました。

今は土台部品の仕上げをし、長さを切っています

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の製作を進めていきます。

本体の方も製作して塗装してもらわないといけないので取りあえず組み立てた土台へ

柱を並べて、長押の方を現物合わせできるように準備します。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷玉垣の墨付け

稲荷玉垣の墨付け

稲荷玉垣の墨付けをはじめましたが、土台の継ぎをどうするか悩んでしまい、
隠しありにしようかと思いましたが、意味がないので、ただのアリ継ぎにします。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

屋根の塗装がかなり早い段階で終わってきたので早速、銅板の割り付け墨をかいて板金作業ができるよう準備します。

割り付けもしたのこれから笠木などの部品を木取りして加工していきます------

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の土台部品の大きさを決めました。

今は御扉の柱を丸鉋で丸めています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の胴製作

稲荷鳥居の墨

稲荷鳥居の土台の木造が済んだので、墨付けをします。
墨付けを始める前に間竿を作ります。巾、高さ、柱間など
必要な墨をすべてこの棒に書き込みます。
すべての基準になるので絶対に間違いがないように
何度も確認します。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮の擬宝珠柱の木取りをし、溝を付き、埋め木をし、丸カッターで面を取りました。

次は御扉の柱は少し長めに、長押は長さを決めました。

今は土台の木取りを始めました。

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の製作の製作を進めていきます。

本柱、向拝柱に長押を取り付けるための加工を施していきます。

今回は本柱の方も上がりが角柱になるのでこれで加工は大体終わってます。

長押を合わせるために土台の方を組んでいこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷鳥居の桧材入荷

稲荷鳥居の桧材

見事な稲荷鳥居の桧材が搬入されてきました。長さ4m×巾尺2×厚さが6-7寸
見えたところ両面ほぼ無地材、色を塗るのがもったいないくらいの桧材です。
8寸角の柱材も不足分が入荷、どれも長い間保管されていたので
背割りがかなり開いております、注意して削らないと台無しになります。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

本柱、向拝柱の加工を進めていこうかと思います。

稲荷宮と本体周りの部品数がかなり少ないのですぐに形になってくるかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

額面を組立たので板をビスで止め、埋め木をしました。

その後うらに止め木を取り付けました。

今は板屋根違い三社宮の御扉と高欄の部品の加工をしてます。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。