両部鳥居の控え柱木取り

両部鳥居の控え柱木取り

両部鳥居の控え柱木取り、削りをしました。
6寸角の桧材は、四方無地といかないまでも、上子のいいものが取れました。
墨をして穴開け加工をこれから進めます。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮の製作を進めていきます。

破風を加工した終わったので、桁の方へ乗せられるように微調整していきます。

明日もきっといい日です。

けん

両部鳥居の控え柱の貫加工の続きをしました。

次は控え柱の木取りをし、大きさを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷玉垣の柱加工

稲荷玉垣の柱加工

稲荷玉垣の柱加工が天場の勾配切り以外は終わりましたので
続いて柱と柱をつなぐ貫の加工です、とにかく数があるので
一作業を終えるのに時間がかかります、ひとつづつ安全に、丁寧にします。

明日もきっといい日です。

おやかた

両部鳥居の柱に丸鋸で切り目を入れました。

丸鋸では2寸までしかいかないので、残りの4寸くらいはの鋸で切りました。

次は八角になった柱の墨付けを始めました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の方も仕上げていきます。

月末に現場へ取付にいくので、御簾、御扉金具などを仕上げてとりつけました。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

両部鳥居の墨

両部鳥居の墨付けを始めました。
8寸角の桧柱を矩を出してから、4面を削ったので芯墨を出してからの作業、
ひっくり返すだけでも一苦労なので、ホイストを使いながら行いました。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の荷造り準備を始めていきます。

祠宮の荷造り用のパレットを作ろうかと思いましたが

工場の中に材木は沢山あるのですがパレットを作るような材料が殆どないためホームセンターに買い出しに行ってきました。

箱だけでもかなりの重量になります。

明日もきっといい日です。

けん

棚板と茅葺袖付宮の荷造りをしました。

今回は既存の箱で入ったので作らずに済みました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

朱塗祠宮完成

本日、朱塗祠宮2尺型が完成しました。

御扉金具、六葉金具と取り付けたので屋根の方を本体へ乗せてみました。

重量は二人で持ち上がらないので100kgは超えているかと思います。

写真が悪いのでまたちゃんと撮り直します。

明日もきっといい日です。

けん

棚板を組み立てて、受け桟の長さを切り、完成です。

その後は祠宮の御扉金具を打ちました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の製作 朱塗り

稲荷鳥居の柱加工

稲荷鳥居の柱加工を進めています、正面の両部鳥居の柱加工は
控え柱にも貫が通ので4角のままで加工します。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮の御扉を組み立ててもらいました。

棚板の側板と天板の大きさを決め、仕上げをし、側板の勾配を切りました。

天板と側板に縁を取り付けました。

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の製作を進めていきます。

塗装が終わって帰ってきたので早速、仕上げていこうかと思います。

唄、六葉などの金具を長押へ取り付けて完成させていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷玉垣の製作

稲荷玉垣の柱加工

稲荷玉垣の柱加工をはじめました、貫が入る穴を8分の角のみで開け始めたが
若干狭いような気がしたので9分に変えました。まだ始めたばかりなので
修正はできます。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

屋根周りの部品を取り付けて屋根を完成させていきます。

すべての部品を取り付けて屋根は取りあえず完成していますが

本体の方がまだ塗装中なのでそちらも終わり次第、金具をとりつけていきます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の袖柱と袖板の木取加工をしました。

袖長押の所をラジアルソーで取り、勾配を切り長さを決めました。

次は棚板の側板と天板を接ぎました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の製作

稲荷鳥居の柱加工の続き、やっと4本8角加工できました。
かなりガンバっても1日に2本しかきません、なにかもっといい方法があるのかも?

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

側板を接ぎ合わせたので仮組みしてみました。

今回はすべて朱色で塗装してしまうので側板は接いでおきます。

後は御扉と後の建具、側板の長さなどを合わせたら塗装できそうです。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の笠木とあおり板の木取りをしました。

その後は5尺型御霊舎の上建具を鉋で削り、隙間がなくなるようにし、蝶番を付け、本体に取り付けました。

下建具も鉋で削り、入るようにしました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の胴製作

稲荷鳥居の墨

稲荷鳥居の土台の木造が済んだので、墨付けをします。
墨付けを始める前に間竿を作ります。巾、高さ、柱間など
必要な墨をすべてこの棒に書き込みます。
すべての基準になるので絶対に間違いがないように
何度も確認します。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮の擬宝珠柱の木取りをし、溝を付き、埋め木をし、丸カッターで面を取りました。

次は御扉の柱は少し長めに、長押は長さを決めました。

今は土台の木取りを始めました。

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の製作の製作を進めていきます。

本柱、向拝柱に長押を取り付けるための加工を施していきます。

今回は本柱の方も上がりが角柱になるのでこれで加工は大体終わってます。

長押を合わせるために土台の方を組んでいこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷鳥居の桧材入荷

稲荷鳥居の桧材

見事な稲荷鳥居の桧材が搬入されてきました。長さ4m×巾尺2×厚さが6-7寸
見えたところ両面ほぼ無地材、色を塗るのがもったいないくらいの桧材です。
8寸角の柱材も不足分が入荷、どれも長い間保管されていたので
背割りがかなり開いております、注意して削らないと台無しになります。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

本柱、向拝柱の加工を進めていこうかと思います。

稲荷宮と本体周りの部品数がかなり少ないのですぐに形になってくるかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

額面を組立たので板をビスで止め、埋め木をしました。

その後うらに止め木を取り付けました。

今は板屋根違い三社宮の御扉と高欄の部品の加工をしてます。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

神額の文字彫刻

稲荷玉垣の土台木取り

稲荷玉垣の土台木取りを始めました、4mを超える長材を手押しでムラを抜いて
矩を出し、大型プレーナーで寸法を決めます、削り始めるにあたり
場所の確保、機械の整備など準備に半日ほどかかるので、
削り始めたばかりです。

明日もきっといい日です。

おやかた

額面の文字彫刻の続きをしました。

彫刻が終わり、ペーパー仕上げをし、クリア塗装を2回しました。

その後、文字に赤色を入れました

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の製作を進めていきます。

屋根板の方を前後とも貼り終えたのであと少し加工する箇所があるのでそれだ終わらせます。

いつものパターンだとこれからルーフィングシートを貼って割り付けをするのですが

今回は塗装作業があるのでここで一度塗装してもらいます。

その間に本体の方の製作も進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。