欅テーブルの割れ止め

欅テーブルの割れ止め

欅テーブルの割れ止めのちょうちょを入れ、割れを埋めてから、再塗装して完成したので、お客さんにお届けしました。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷玉垣の製作を進めていきます。

土台の方のホゾを仕切ったのでとりあえず仮組みしてみました。

あまりホゾを利かすと塗装した後に入らなくなったりしますのでその辺加減しながら

調整していきます。

明日もきっといい日です。

けん

額面の彫刻の続きをしました。

欅は堅い木なので彫るのが大変ですがもうすぐで終わりそうです。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

黒檀蝶々の量産

黒檀蝶々の量産

先日製作したケヤキのテーブルが木口割れが進み、深くなってきたので
テーブルの帳面から黒檀蝶々で埋め木するために量産を始めました。
10年は乾燥させたケヤキ材ですが直射日光には弱く、木口割れ、表面の干割れなど
一気に割れが進みました。何年くらいこんな状態が続くのか確かめているところです。

おやかた

稲荷玉垣の製作を進めていきます。

柱の方は埋め木が終わってますので土台の方をけずって埋め木が必要な箇所は埋め木をしていきます。

殆ど、三方無節の材料なので埋める箇所は少しだけです。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷玉垣の垣板と貫の製作の続きをしました。

貫の大きさを決めてから、垣板の厚さを削りました。

垣板は何枚か削り上がらなかったので追加で木取りをして厚さを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

欅のテーブル塗装

欅のテーブル塗装

欅のテーブル板の裏面を仕上げてウレタン塗装を施しました、樹脂で埋めた所も上手く出来上がり、塗装しても全く変化はありません。一晩放置してから、脚を取付、表面をもう一度磨いてから塗装します。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の銅板下地屋根の製作をしていきます。

ほぼ下地屋根は型を抜いて削り合わせましたが微妙に右と左で合わないので

それを最終微調整してから次へ進みます。

明日もきっといい日です。

けん

雲板付格子棚板の格子にホゾを付け、胴付きを決めました。

次に格子の組み合う所をラジアルソーで取りました。

格子の枠の木取りをして、ほぞ穴を開け、仕上げをして留めを切りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

欅のテーブル塗装

欅のテーブル塗装

欅のテーブルの天板をウレタン塗装しました。節の大穴は樹脂で埋め多少のデコデコはあるものの欅の木目が強調されました。乾いたら裏面や脚も同じようにウレタン塗装を施します。

明日もきっといい日です。

おやかた

特注御霊舎の枠の削り合わせをしてきました。

普段は箱型に完成してから削り合わせることが殆どですが

今回はサイズがかなり大きく完成してからでは振り回したら微調整しながらはめていくのが難しくなりますので先に正面の枠だけ削り合わせてから箱型に組み立てます。

明日もきっといい日です。

けん

特注御霊舎の枠を削り合わせに現場に行きました。

サイズが多きので削り合わせるのも中々大変です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

欅のテーブル製作

欅のテーブル製作

欅のテーブル製作、脚を取付出来るようにほぞ穴加工を終えました、後はどれだけペーパーで仕上げるか、気が済むまでやってみます。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮の銅板下地屋根を製作していきます。

長さ7センチ巾3センチほどの板をひたすら破風の上へ並べていきます。

1社で大体60枚位取付ますので中々作業が終わりません。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の虹梁の彫刻の続きをして彫り終わらせました。

次は海老虹梁に絵を描いて、彫刻をしています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷宮7寸の屋根板取付

稲荷宮7寸の屋根板を取り付けていきます。

屋根板を並べていくと下に通っている垂木の位置がわからなくなりますので

先に中心の墨を屋根板の方へ書き写しておきます。

ビスや針くぎなどで しっかり屋根板は止めておきます。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根一社宮の扉板の仕上げをしてから長さを切り、ホゾを付け、御扉を組み立てました。

次に戸当たりを取付て、幕板と扉横と扉定規の木取加工をして御扉に取付て御扉が完成しました。

また厚屋根一社宮の加工を止めて、稲荷宮7寸の海老虹梁と虹梁の彫刻をします。

明日もきっといい日です。

しん

座卓の脚

座卓の脚を製作しました、ごつくて重い脚です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

賽銭箱の引出組立

賽銭箱の箱を鉋で仕上げました。

次に引出の木取加工をして組立をしました。

引出の底板が少し薄かったので同じ厚さの板を足して厚くしておきました。

その後、箱の方に引出のあたりを取付てから上の枠を置き、プレスで固めておきました。

明日もきっといい日です。

しん

欅のテーブル製作

欅のテーブル製作を始めました、まずはコーナーを落としたり、面を取ったりと天板の形成から。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の屋根の合わせていきます。

破風板を持たせるための材料が破風より少しだけ飛び出ているので

それをまず反り鉋で削っていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷宮7寸の垂木取付

稲荷宮7寸の垂木を取り付けていきます。

これと同じように他の2社分も取り付けていきます。

それから後や棟の所も同じように垂木を並べていきます。

明日もきっといい日です。

けん

賽銭箱の板を接ぐ時にサネを入れるのでその溝の大体の位置を墨しました。

墨の少し手前くらいの所から溝付機で溝を付きました。

取り切れていないところを角鑿で取りました。

明日もきっといい日です。

しん

欅材

欅のテーブル製作を始めました、長い間乾燥させていたので反りや捻り、割れが沢山ありますが生成りに加工する予定です、この大きな節は裏まで抜けているのでどのように加工するかを思案中です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

額面の製作

額面の製作

新たに大きな額面の製作を始めました、

一般品はセン材かタモ材で製作するのですが大きな額面なのでケヤキ材を使います。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根通し三社宮の御扉の製作を進めていきます。

戸当り、扉横、御扉定規などの部品を取り付けたら御扉の方は完成です。

金具付の御扉に関しては全て終わってから必要数だけ取付ます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮(大)の胴を組み立てました。

胴を組み立てたので次は屋根板の木取りをしました。

前の屋根板は接ぎ板なので接いでおきました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

御霊箱(小)の蓋組立

御霊箱の蓋を組立始めました。

まず枠を組んでから輪ゴムで押さえてから上の蓋を置き輪ゴムで押さえました。

後は面取りをして終わりです。

明日もきっといい日です。

しん

額縁の金具

額縁の製作の最後に吊金具とトンボ金具を取付ました、これで額縁は完成しました。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根通し三社宮の部品を製作していきます。

笠木などの部品の長さを切って加工出来るようにしていきます。

細かい鰹木などの部品も途中まで木取りしてあります。

笠木の方もう少しで完成する予定です。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com