朱塗り祠宮ページ制作

朱塗り祠宮

朱塗り祠宮を紹介するページを制作しました。
製作の様子もアップする予定です。

明日もきっといい日です。

おやかた

朝からちょっと県外へ修理の方へ走っておりました。

また月曜日稲荷宮の製作の方を進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

賽銭箱の修理をしてきました。

引き出しが閉まり切らないので削り閉まるようにしました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttps://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

神明宮の据付

親子3人で神明宮の据付に行ってきました。
お宮全体が見えるのは今だけで、明日からお宮全体を囲う御素屋の造作が始まります。
記念写真を撮ってきました。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の現場据付に行ってきました。

お宮本体が動かないようにアンカーボルトで台座へ固定しておきます。

慣れない中型の運転で大変疲れました。本日は早い目に仕事を終えます。

明日もきっといい日です。

けん

神明宮の据付に行きました。

最初に本体を運び位置を決め、動かないようにし、クレーンで屋根を吊り、乗せました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の金具取付

祠宮の金具取付

海老錠金具を取り付け忘れていたので梱包をほどいて取り付けました。

梱包した箱が大きすぎて隣の工場の空きスペースを占領しております。

さて、台車を開けて次の稲荷宮の準備をしていこうかな。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷鳥居の柱加工の続きをしています。

八角の柱に墨を付け、丸鋸で切り目を入れ、鋸で切る作業を繰り返しています。

1日で2,3本くらいしかできません。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の背割り埋め木

稲荷鳥居の背割りを埋め木しています。芯を出して、墨付けします。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

両部鳥居の加工

両部鳥居の加工

両部鳥居の墨付けから加工作業に移りました。
勾配を切り治具を使って丸鋸で切るのですが
微妙に角度、切り目がずれます、手動の丸鋸ではこれが限界なのか?
使い方が下手なのか?

明日もきっといい日です。

おやかた

両部鳥居の加工の手伝いをしています。

鳥居の加工は初めてなので加工の仕方が分からないので教えてもらいながらやっています。

墨差しで墨をし、丸鋸で切り目を入れています。

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の荷造り準備を進めていきます。

お宮を荷造りするための箱を製作していきます。

お宮だけでもかなりの重量なのでパレットもしっかりしたもので製作していきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷玉垣の製作

稲荷玉垣の柱加工

稲荷玉垣の柱加工をはじめました、貫が入る穴を8分の角のみで開け始めたが
若干狭いような気がしたので9分に変えました。まだ始めたばかりなので
修正はできます。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

屋根周りの部品を取り付けて屋根を完成させていきます。

すべての部品を取り付けて屋根は取りあえず完成していますが

本体の方がまだ塗装中なのでそちらも終わり次第、金具をとりつけていきます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の袖柱と袖板の木取加工をしました。

袖長押の所をラジアルソーで取り、勾配を切り長さを決めました。

次は棚板の側板と天板を接ぎました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷鳥居の柱加工

稲荷鳥居の柱加工

稲荷鳥居の柱8角加工は続いています、かなり慣れてきたので早く進んでいますが
せいぜい1日3本くらい、まま焦らに進めます。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

本体が出来上がってので屋根を借りに乗せてみました。

重量的に二人で運ぶことはできますが、ホゾの位置を合わせながら

本体へ屋根を乗せるは不可能と判断してクレーンで吊って乗せました。

屋根と同じように本体も朱色で塗装してもらいます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の左右の笠木の長さを切りました。

次は堅魚木を置く所を丸カッターで取りました。

その後はあおり板の仕上げをし、長めに切りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の製作

祠宮の製作

祠宮の製作を進めていきます。

部品がある程度揃ったので組立の方を進めていきます。

長押を取り付けたので、糊が乾き次第中の床を合わせて取付ていきます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷玉垣の土台継ぎ手加工

稲荷玉垣の土台継ぎ手加工をしていますが、材料が大きくて簡単に振り回すことが出来ず、
ホイストを使っての慎重な取り回しになるのでちゃちゃと加工が進みません。
もう1日くらいで継ぎ手加工は終わりそうです。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮の棟持柱の面を丸カッターで取りました。

次は屋根板の木取りをし、バンドソーで3枚割にしました。

厚さをそろえて、2枚接ぎをしました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の製作

祠宮の製作

祠宮の製作を進めていきます。

屋根に続いて笠木の方の銅板葺の方が仕上がってきました。

後は千木、堅魚木、鬼板などの板金作業が残っています。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷玉垣の土台加工を進めていますが今日はなぜか写真を撮るのを忘れていたので
明日撮り直します。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮の桁と裏板に側板の墨をし、面取り、木口仕上げをしました。

胴を組み立て、土台に取付をしました。

その後は御扉の幕板などの長さを切りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷玉垣の土台加工

稲荷玉垣の土台加工

稲荷玉垣の土台加工を始めました。
大きな材料を振り回しながら、狭い場所での加工です、
幸いホイストがあるので力はいりません。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の製作を進めていきます。

側板などの長さを切って組み立てられるよう準備していきます。

本体へ組み立てるときには本柱、向拝柱、長押など同時に組み立てないといけないので

組立に必要な部品をそろえてから、仕上げして組み立てていきます。

明日もきっといい日です。

けん

板屋根違い三社宮の御扉の長押にホゾ穴を空けてもらい、左右の上下長押と中央の上長押の長さを決めました。

胴部品の長さを切り、側板と裏板、桁の勾配を切りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

祠宮の板金

祠宮の前屋根

祠宮の前屋根の板金が出来上がり、千木、堅魚木、鬼板などの
役物板金に進みます。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮の裏板を接いでから側板と桁の厚さ、幅を決めました。

次は御扉板の長さを切り、ホゾを付けました。

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の製作を進めていきます。

本体側の部品の加工も進めていますが糊の乾き待ちなのでその間に鬼板の方の絵を

書いてミシン鋸でじわじわ抜いてきます。

1寸ほど厚みがあるので本当に少しずつしか鋸が進みません。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。