稲荷宮7寸の高欄製作

稲荷宮7寸の高欄製作

稲荷宮7寸の高欄製作を始めております、架木の加工中、
架木は上面に照りがあるので単純に丸めるだけではいけません、
照りの加工を考えて、加工しなければいけません。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の御扉

稲荷宮7寸の後の倹飩の部品を作り、組立をしました。

次は前に作った御扉を本体に入るように鉋で削り合わせました。

その後本体の中に戸当たりを付けました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮7寸の板金作業

稲荷宮7寸の板金作業を進めていきます。

屋根の板金作業が終わりましたので、笠木、勝男木、千木などを順番に取り付けていきます。

前々回当たりまではコーキングで勝男木などを止めていましたが

この前からろう付けで止めるようにして少し耐久性が上がったのかな?

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷宮7寸の屋根板金

稲荷宮7寸の屋根板金

稲荷宮7寸の製作を進めていきます。

昨日、屋根の板金を始めて行って何とか今日中に終わりました。

屋根の板金作業が終わりましたのでこれから屋根の上の飾り部品などの取り付けていきます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の御扉

稲荷宮7寸の御扉板の加工をしました。

次に柱を丸め、御扉を組立をして、戸当たりと扉横と扉定規を作り取り付けました。

次は後の倹飩の製作を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

牡丹開花

3年ほど前に植えた牡丹が開花しました、もう一つつぼみがあるので、
2,3日内は開花するでしょう、色も大きさも豪華な花です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷宮7寸彫刻の取付

稲荷宮7寸彫刻の取付

稲荷宮7寸に獅子、獏の彫刻の取付てマス組との取り合いを確認しました。
まだ御扉と高欄の製作がありますが、今週中には完成です。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の板金作業を進めていきます。

千木、勝男木の板金が一通り終わりましたので

稲荷宮の屋根の前の方の板金を始めて行きます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の手挟みの彫刻をしました。

その後懸魚と手挟みを仕上げ、懸魚に六葉を取り付けました。

彫刻が終わったので御扉の加工を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷宮7寸の彫刻

梅の木の消毒

しばらくは天気が良さそうなので、梅の木の消毒と除草剤散布をしました。
今週の初めにも行いましたが次の日があめ、1日おいてあめ
やっと週末に消毒、除草にいい条件がやってきました。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の懸魚彫刻の続きをしました。

懸魚の彫刻が終わってからは手挟みの加工を始めました。

手挟みの板に垂木の入る溝を付け、勾配を切り、墨をしてミシン鋸で切り抜きました。

次にミシン鋸で切り抜いた所を山になるようにしました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮7寸の板金作業を進めていきます。

今回は千木の方を板金作業しました。

紙で折り紙をしてから銅板を切り出していますが紙と銅板では実際加工すると

全く違う物なので考えなら板金ハサミを入れていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

稲荷宮7寸の銅板葺

稲荷宮7寸の銅板葺

稲荷宮7寸の銅板葺が進み、軒付けが済んで、後屋根を葺き上がっています。
千木、勝男木など屋根周りの部品も銅板葺を進めています。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の製作を進めていきます。

稲荷宮7寸の屋根の板金作業を進めていってもらっている間に

私は勝男木、千木、鬼板あたりの板金作業を進めていこうかと思います。

まずは紙で折り紙しながら銅板を切り出していきます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の懸魚の加工をしました。

大体の形を作り、破風の反りに合うように削り合わせました。

その後、墨をしてミシン鋸で切り抜き、彫刻を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

組込式御霊舎の製作

組込式御霊舎の製作

組込式御霊舎の製作を進めていきます。

御霊舎内陣に壁代、土式、戸張の方を取り付けました。

これだけ壁代、戸張を取り付けると全く裏板は見えませんが

桧の板でやりたい気分でしたので裏板も桧の板で貼っていきます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の胴製作

稲荷宮7寸の胴製作も進んでおります、虹梁、海老虹梁の彫刻が遅れていたので
本体を組み立てることが出来ずにしばらく足踏みをしていました。
長押を取付て本組みを始めました。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の鬼板の木取りをし、墨をしてミシン鋸で切り抜きました。

次に千木の組み合う所をラジアルソーで取り、勾配を切り長さを決めました。

最後に鳥襖の木取をし、墨をしてミシン鋸で切り抜きました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

御霊箱の仕上げ

御霊箱の仕上げ

御霊箱の仕上げをしました。

大小ある御霊箱の仕上げをして出荷できる用に仕上げました。

御霊箱は今回は1枚入りですが5枚入り、10枚入りもあります。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の笠木

稲荷宮7寸の笠木とアオリ板の木取りをしました。

アオリ板の勾配を切り、笠木にダホ穴を空けました。

次に勝男木の木取りし、笠木に置く所をラジアルソーで取ってからダホ穴を空け、埋め木をしてから丸めました。

笠木に千木を置く所をラジアルソーで取り、アオリ板を取り付けました。

明日もきっといい日です。

しん

神額の塗装

神額のウレタン塗装をしています。ベースのクリアー、文字の赤、縁の金色と
あれこれ塗り分けをしなければなりません。さらに組み立ててから
もう2回ほどクリアー塗装をして完成です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

組込式御霊舎の製作

組込式御霊舎の製作

組込式御霊舎の製作を進めていきます。

部品の加工としてはこれが最後になるかな?千木と幅木の材料

取り付けるのは現場で御霊舎を組み込んだ最後になるので長さだけ決めておいて現場で

調整しながらはめ込みます。

明日もきっといい日です。

けん

文字彫刻

額面の文字彫刻をしました。
硬いケヤキ材にはこのペンルーターが便利です。しばらく使っているとヤニ分がこびりついて
切削が悪くなるので、シンナーでビットを掃除します。
2度彫りしましたが1日で出来ました、やはり道具は大切です。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の屋根の跳ね上がりを鉋で削りました。

次はルーフィングシートを貼り、銅板の墨をしています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

神額の製作

神額の製作

神額の製作、組立が済んだので縁の仕上げをしています。
雲形彫刻は刃底がしっかりと出ていることが大切で、
刃底が出ていないと柄がぼんやりと見えてしまします、
このように鑿で刃底をくっきりと見せる仕事をします。

明日もきっといい日です。

おやかた

組込式御霊舎の製作を進めていきます。

建具に丁番用の溝を先に掘ってから組み立てます。

本体の建具では無くて押し入れの下段部分の建具になります。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の立ち上がりを反り鉋で高さをある程度揃えました。

次は1寸巾の屋根板を貼りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

ケヤキの神額の加工組立

ケヤキの神額の加工組立

ケヤキの神額の加工組立をしました。
久々の製作で加工手順を間違え、ふたたび木取りをし直しました。

明日もきっといい日です。

おやかた


組込御霊舎の製作を進めていきます。

組み込んでしまえば裏板は全くみえませんが桧の板で今回は製作します。

サネ溝を付いて一部だけ板を接いでおきます。戸張、壁代を貼ってから裏板を閉じます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮7寸の立ち上がりを反り鉋で左右の高さを揃えました。

次に前後のを作り、取付をしてから中の立ち上がりを作りました。

中の立ち上がりを取付てから1寸巾の板を作りました。

今は中の立ち上がりの高さを揃えています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください