銅板の下地作り

 

昨日、下から見える部分の部品は一通り取付終わりましたので

これから銅板を葺いた時には隠れてしまう銅板の下地部分の方を

作っていきます。ここからが大変です。

 

けん

一昨日から尺灯篭の火袋を作り始めました。

昨日で火袋の長押と柱ができたので

今日から尺灯篭の火袋を組み立てていきました。

しん

茅葺をする台を製作するのに短い地桧の材料を集めて木取をします、

木目や色が悪くい、長さ1尺くらいでも使えるので捨てずに保存してある

地桧を使います。茅屋根の下地は全く見えなくなるのですが

桧材にこだわっています。

おやかた

明日もきっといい日です。


 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、

ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレス

神棚の西口神具店
西口神具店は伊勢の宮師がご神木の木曽桧を使い本物の神棚、御霊舎、神具を手作りしています、豊富な施工例をご覧になって、ご自宅や事務所に実際に施工された様子を想像してください、きっとより豊かな生活を思い浮かべることでしょう、そんなお手伝いができる本物の神具店であることをご確認ください。

神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは

メールをご利用ください。

oyakata@ise-miyashi.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました