低床板屋根通三社宮の別誂

低床板屋根通三社宮の別誂えを製作中、

屋根板の上面をキワ鉋で仕上げしている動画を上げてみました。

明日もきっといい日です。

おやかた

踏み台の脚の長さを少し長めに決めて、鉋と鑿で墨の所まで削りました。

次に真っ直ぐなところに置いてガタガタしていたので、高い所をもう一度取り、踏み台が完成しました。

次はアリ式の八脚案を作っています。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の御扉の方を加工していきます。

御扉板なのでなるべくきれいな材料で左右同じ板でとれるよう木取りしていきます。

長さを切ってしまう前に一応、御扉金具のバランスがこれでいいのかだけ確認のために並べています。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神前幕

雲板付棚板が出来上がりました、

棚板と一緒に神前幕の注文をいただいたので、実際に取付けた様子を

お知らせします、全く無地の紫染幕に赤い撚り房が引き締めます。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の中床の方を取付けていきます。

少しだけ柱が掛かってきますので、床板の方を少しだけ丸く切り替えておきます。

床板の方もなんとか並べ終えたので、側板を入れて扉周りの加工を進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

踏み台の脚のホゾの加工が終わりました。

次に天板、脚、貫の仕上げと面取りをしました。

まず脚と貫を組んでそれから脚のホゾを天板に入れました。

少し胴付きが違っていて隙間が空いているので埋め木をしました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

雲板付棚板の組立

雲板付棚板の加工組立をしました、クランプ、ハタガネ総出で

あちらこちらより締め付けます。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の胴回りを仕上げていきます。

両サイドの側板をとりあえず1枚だけ入れて中床を取付ける準備をしていきます。

今日、桟木の方を取付けたので明日中に中床を合わせて取付け行きます。

明日もきっといい日です。

けん

踏み台の天板にほぞ穴を開けました。

まずほぞ穴を1つ開けてから脚の胴付きが合うかを見てから残りのほぞ穴を開けました。

今は脚にホゾを付けています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の組立

神明宮の胴の方を組立ました。

今回は土台の方へ完全に組み込んで貫に楔も打ち込みましたの

もう外れることは無いかと思います。

これから側板の長さを切ったり、中の床を取付ける用意をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

踏み台の貫の胴付きを加工しました。

次にほぞの長さを切り、柱に入るようにしました。

次は天板にホゾ穴を開けていきます。

明日もきっといい日です。

しん

彫刻付棚板の側板彫刻を施すのに下絵を描いています、

およその形からフリーハンドでさっさーと

全く絵心のない私はあこがれます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の組立

神明宮の胴回りを仕上げていきます。

前回、仮組したん段階では横方向に通っている貫が伸びたままになっていたの

長さを切断して本組出来るように準備していきます。

明日もきっといい日です。

けん

前に角ノミで開けて取り切れなかったところを鑿で取りました。

勾配が付いているので確認しながら取りました。

次に貫のほぞを取っています。

明日もきっといい日です。

しん

とても大きな彫刻付棚板の製作中、

地板と側板の取付部分のアリ加工が済み仮組をしました、

板の反り止めに側板の試しアリ加工を組んであります。

側板は型を抜いて彫刻を施しています。

明日もきっといい日です。

おやかた

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

踏み台の加工

神明宮の胴部品を仮組しました。

特に問題がなさそうなので貫を止める楔を入れて本組にしていこうかなと思います。

残す部品は扉周りと内陣の床くらいかな?

明日もきっといい日です。

けん

踏み台の脚のくせを取りました。

次は柱と貫に胴付きとホゾの位置を墨しました。

柱のホゾ穴を角ノミで大体取り、勾配の付いている所は鑿で取っています。

明日もきっといい日です。

しん

私は昨夕より出張でこんな飛行機に乗って喜界島までやってきました。

お客さんとの打ち合わせが済めば、セントレアまで今日中に戻ります。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

新しい鉋

削ろう会の熱冷めやらぬ中、新しい鉋が2台入ってきました。

おそらく昭和中~後期に作られた今井製の鉋です。

鉋台、鉋刃ともに新品ですが、鍛接部に傷があるスコ鉋です、

早速、中途半端に台を直し、研いでみましたが抜群のものです。

しっかりと研ぎ直しして使えるようにします。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の胴回りの加工を進めていきます。

いつも製作している大きなサイズのお宮はコミセンを入れて柱がを利かせているのですが

今回はコミセンを打つことができないので違う方法で柱が抜けないようにしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

踏み台の原図の間違っている所を直してから材料を木取りしました。

木曽桧の少し目の粗い材料で作ります。

大きさを大体決めてから脚のくせの勾配を切ります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の組立

神明宮の後側の組立をしていきます。

側板の方を長さを切って一枚ずつ合わせて入れていきます。

本柱に加工を1つ忘れていたのでそれを明日やっていきます。

明日もきっといい日です。

けん

昨日、踏み台の原図を書いきました。

次に脚のくせと貫を試しに作りました。

貫のほぞ穴の原図が間違っていたので、直しました。

明日もきっといい日です。

しん

茅葺袖付宮の改装をしています、正面から入れることが出来る

御神札の高さは28㎝ですが、高さ32㎝の4㎝も高い御神札を

収めるために床を抜いて受けを作っています。

床を抜いても正面から御神札を収めることが出来ませんが、

下からであれば収めることが出来るようになりました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com