鑿研ぎ

茅を葺く作業で使う鑿を研いでいます。

石でも叩いたのかって位、カケがひどくて流石に手研ぐのは無理でした。

苦手なといマキタの水研を使って頑張って直しました。

明日もきっといい日です。

けん

昨日の続きで完成した足を片付けていきました。

その後に神籬と神籬を固定するものを作っていきました。

神籬が出来れば組立式3段案が完成します。

明日もきっといい日です。

しん

パソコンの電源が壊れたので電源を注文したのですが今日は到着しなかったので

古いパソコンの電源を外して付け替えると再び起動するようになりなりました、

ついでに古いパソコンから外した内蔵HDDをデータ用に

初期化したかったのですが残念ながらできなかったのであきらめました。

明日もきっといい日です。

おやかた


「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスにて

http://ise-miyashi.com/

神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは

メールをご利用ください

oyakata@ise-miyashi.com

草刈

やっと草刈ができました。

稲荷宮を製作したり、茅葺屋根違三社宮をやたっていたりして

8月は一度も草が刈れなかったので葛が伸びてきて大変なことになっておりました。

今日、草を刈っていつも通り除草剤も散布したのでもう大丈夫でしょう

明日もきっといい日です。

けん

今日は昨日やっていた八脚の仕上げをして完成させました。

それからは注文があった家紋を彫りました。

丸にするのがあまりきれいにいかなかったけど、

彫刻はきれいにいったと思います。

明日もきっといい日です。

しん

茅葺屋根違三社宮のアオリに樋貫を加工取付をしています、

小さな部品の機械加工は冶具や定規を用いて安全に加工しなければいけません、

取付も見えにくい目で頑張っています。

明日もきっといい日です。

おやかた


「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスにて

http://ise-miyashi.com/

神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは

メールをご利用ください

oyakata@ise-miyashi.com

 

銅板の下地作り

 

昨日、下から見える部分の部品は一通り取付終わりましたので

これから銅板を葺いた時には隠れてしまう銅板の下地部分の方を

作っていきます。ここからが大変です。

 

けん

一昨日から尺灯篭の火袋を作り始めました。

昨日で火袋の長押と柱ができたので

今日から尺灯篭の火袋を組み立てていきました。

しん

茅葺をする台を製作するのに短い地桧の材料を集めて木取をします、

木目や色が悪くい、長さ1尺くらいでも使えるので捨てずに保存してある

地桧を使います。茅屋根の下地は全く見えなくなるのですが

桧材にこだわっています。

おやかた

明日もきっといい日です。


 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、

ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレス

http://ise-miyashi.com/

神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは

メールをご利用ください。

oyakata@ise-miyashi.com

茅葺屋根の組立

茅葺宮の試作と図面が出来上がったので、茅葺の基準になる屋根を

製作しています、材料は手近にあった地桧や木曽桧の残材を使い、

図面に準じた大きさで正確に作ります。この下地屋根に合わせて

茅を葺いて収まりを確認します。お盆前には茅屋根が出来上がり

お宮本体に取付てみたいです。

おやかた

屋根板を取り付けました。

屋根の下へ釘が出ないようによく見ながら

ガンガン垂木へ向かって釘を打っていきます。

けん

明日もきっといい日です。


 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、

ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレス

http://ise-miyashi.com/

神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは

メールをご利用ください。

oyakata@ise-miyashi.com

 

茅葺屋根違三社宮の試作

茅葺屋根違三社宮の仕様を新しくするた試作しています、

屋根の大きさやかぶさり、胴とのバランスなど図面だけでは

わかりにくいので実際に現物を試作して確認しています。

現在のものより間口が大きくなりそうですが

こんな大きなお宮をお祭りする方は問題なさそうです。

明日もきっといい日です。