稲荷鳥居の銅板葺


稲荷鳥居の銅板葺作業を進めていきます。

いきなり銅板で初めて失敗すると勿体ないのでコピー用紙で大体折り曲げて寸法などの

確認だけしてから銅板を切り出していきます。

殆ど吹き終わったので、柱の根巻きの方もこれからしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

額面の枠の加工を進めました。

巾を決めてから木端側の勾配を切りました。

次の木口側は横切りの刃と定規も勾配をつけて切りました。

明日もきっといい日です。

しん

小八足

小八足のページを作りました。 間口18cm×奥行6cm×高さ5cm とても小さな八脚案ですが神棚の神饌用としてはちょうど良い大きさです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください

稲荷鳥居の笠木加工

稲荷鳥居の笠木の反りを調整しました。

山部分を加工して島木、笠木とわける予定でしたが

下面の反りを出したら少し不格好になりましたので上面の反りを少し調整します。

もう少し微調整をして山の加工をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮(中)屋根加工

厚屋根通三社宮(中)屋根加工、仕上げ 端をほんの少し低くして屋根に丸みを持たせます。

明日もきっといい日です。

おやかた

板葺流れ造8寸の破風加工

板葺流れ造8寸のもう1つの屋根板を接ぎました。

次に破風の型を作り、材料に型を合わせて墨をしました。

木口側は勾配になっているので先に切り、次に木場側の曲線の墨をミシン鋸で切り抜きました。

ペーパーで曲線を綺麗にしてから下にする方を鉋で仕上げて、組み立てました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷鳥居の組立

稲荷玉垣の控柱を取付を始めました。

控柱に根がらみを取付てから柱に固定し、砂利と砂を交互に入れて固めました。

次に稲荷鳥居の組立を始めました。

もうすぐで稲荷鳥居と稲荷玉垣が完成します。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の設置工事をしております。

砂利、砂を交互にいれてしっかり鳥居の根元を固めていきます。

今日中に鳥居の方は2基建てられたので明日中に何とか

稲荷鳥居、玉垣の工事は終わるかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷鳥居を2基建てることが出来ました、

もう完成はすぐです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺屋根違い三社宮の屋根組立

 

茅葺屋根違い三社宮の屋根を組立てています。

破風を最初に取付けてそれから垂木を並べていきます。

左右の屋根も同じようにしたらどうの方へ取付けていきます。

中央の屋根に関しては左右の屋根の茅屋根、笠木がのってからの取付になります。

完成まではまだかかりそうです。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の高欄を組立てる定規を作り、高欄を組立てました。

茅葺袖付宮の部品が揃ったので、次にお稲荷さんの玉垣の木取りを始めました。

今は柱と貫の木取りをして、なるべく節が出ないようにバンドソーで切ります。

お稲荷さんの部品の木取りは初めてなのでわからないことが多いです。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の笠木の背割りの埋め木、節の埋め木が出来ました、

これから墨付け、穴あけ、ほぞ取りなどの加工を始めます。

稲荷玉垣の木取りも始まり、大きな材料が工場中にあふれ出しています、

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺屋根違三社の製作

茅葺の屋根違い三社の製作を進めています。

組立をする前に仕上げなどいろいろ準備があるので中々、胴と土台を組立てることができないです。

もう少し、仕上げをしと加工をして今週中にお宮の形にしていきたいですね。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の笠木とアオリ板の加工を進めました。

アオリ板の厚さと巾を決めて、笠木に取付ける方を32度の勾配で切りました。

笠木は9Rのラジアルソーで鰹木を置く所を取り、端はダホ穴を開けました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の柱の背割り埋め木を始めました。

5年ほど自然乾燥させてある桧の丸柱の背割りは5分近く開いており

乾燥は十分です。この背割りに桧の板をテーパーに削って

叩き込んでゆきます。

明日もきっといい日です

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷鳥居の組立

今日は早朝に自宅を出発し、5時間ほど離れた島に

稲荷宮の取付にやってきました。

やはり現場は打ち合わせ通りにはいかず、稲荷鳥居を立てる穴を

掘り直し、やっとのことで組み立てができました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷宮の銅板割付

稲荷宮(尺)の銅板割り付け墨が終わりました。

大体墨の通りに銅板を葺いていってもらいます。

急いで笠木や鰹木、鬼板なんかの準備を始めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷鳥居の塗装が出来上がってきました、

今まで使っていた朱色の原色が無くなったので新たに原色を取りました、

以前より少し赤が強いですが、朱塗り稲荷鳥居の色に決めました。

明日もきっといい日です

おやかた

お稲荷さんの虹梁の彫刻の絵を書きました。

虹梁の彫刻は前になる方だけなのでそんなに時間はかからないと思います。

後は懸魚と手挟みの彫刻があります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷鳥居の仮組

稲荷鳥居の木地が出来上がったので仮組をしてみました、

分解して塗装します。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮(尺)の破風を組立ました。

破風の方が組みあがったので、破風を桁梁に取付けるための加工をしています。

破風の下面がRになっているのでそれがピッタリ乗るように合わせていきます。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺一社宮の屋根板の厚さを決めました。

午後からは御霊舎の納品に行っていたので、

茅葺一社宮の加工は進みませんでした。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺一社宮の屋根部品加工

稲荷宮(尺)の破風の加工を始めました。

前回製作したときに使用した型があるのでそれに合わせてRを抜いていきます。

機械である程度抜いて、微調整を反り鉋で行います。

Rの方は大体合わせ終えたので、取付のための加工などを始めていきます。

明日きっといい日です。

けん

茅葺一社宮の茅負いの加工をしました。

大きさを決めて溝付き機で段差を付けました。

その後に手鉋で仕上げをしました。

次は屋根板の大きさを決めると思います

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の笠木が出来上がり塗装が出来るようになりました、

今回も塗装屋さんにお願いします。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷鳥居の笠木背割りの埋め木

稲荷鳥居の笠木の木造りが済んだので、背割りを埋め木します、

6年ほど乾燥させてありましたが背割りはあまり開いておらず

桧の5分くらいまでの薄板を使っての埋め木しています。

明日もきっといい日です。

おやかた

厚屋根違い三社宮の土台額縁を取付けました。

御扉は先に製作していたので残すは高欄と鰹木位となりました。

完成まであと少しでが高欄は部品が多いし、加工が大変なので

もう少し時間がかかりそうです。

明日もきっといい日です。

けん

昨日から木主の加工をしています。

木主は一番上の段以外は厚さと巾を決めるだけで特に難しい加工がありません。

一番上は板が入るのでラジアルでしゃくります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com