神額の文字彫刻

稲荷玉垣の土台木取り

稲荷玉垣の土台木取りを始めました、4mを超える長材を手押しでムラを抜いて
矩を出し、大型プレーナーで寸法を決めます、削り始めるにあたり
場所の確保、機械の整備など準備に半日ほどかかるので、
削り始めたばかりです。

明日もきっといい日です。

おやかた

額面の文字彫刻の続きをしました。

彫刻が終わり、ペーパー仕上げをし、クリア塗装を2回しました。

その後、文字に赤色を入れました

明日もきっといい日です。

しん

祠宮の製作を進めていきます。

屋根板の方を前後とも貼り終えたのであと少し加工する箇所があるのでそれだ終わらせます。

いつものパターンだとこれからルーフィングシートを貼って割り付けをするのですが

今回は塗装作業があるのでここで一度塗装してもらいます。

その間に本体の方の製作も進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

神額の文字彫刻

稲荷玉垣の土台木取り

稲荷玉垣の土台木取りをしました、とはいっても2階の奥に置いてある桧材を
引っぱり出すだけですがあれこれと上に積んで重ねてある材料を移動しながらの
大仕事です。つでに8寸角の稲荷鳥居の柱材も下ろしてきました。
これはでかい、どうやって削るか?いろいろと試してみます。

明日もきっといい日です。

おやかた

祠宮の屋根の製作を進めていきます。

銅板葺の屋根なので立ち上がり部分を製作しています。

4尺ほど屋根の巾があるので間にも桟が屋根がスカスカになってしまうので

間へ4本程受け桟を入れておきます

また、高さを見ながら削り込んでいきます。

明日もきっといい日です。

けん

額面の文字彫刻をしています。

彫刻を一度やめて、板屋根違い三社宮の御扉の柱と長押の木取りをしました。

その後はプレーナーが使用中だったのでまた文字彫刻をしました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。