八足完成

八足完成

八足の天板の上面の仕上げをし、面取りをしてから木端と木口を鉋で仕上げました。

組んでおいた脚のハタガネを外し天板に入れて、長さ「75」巾「30」高さ「75」と「60」の八足が2台完成しました。

八足の荷造りをして、その後は厚屋根一社宮の垂木の加工をしました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮の屋根周りの製作を進めていきます。

昨日、骨組みの方は組み立てたのでそれに合わせて垂木の方の長さを切って合わせていきます。

垂木の取付はもう少し部品が揃わないと出来ないため必要な部品を揃えていきます。

明日もきっといい日です。

けん

木箱作り

小さなお宮を入れる箱の製作を始めました、当初、重ねの綺麗な紙箱を考えていたのですが少量の発注は思った以上に高価なので、地桧を使って木箱を製作することにしました、これなら2日くらいでできます、しかし製作している途中、正面の鏡板だけでも木曽桧の柾目板を使えば見栄えもいいし、お宮の台にもなるかな?と思いついてしましましたのでそうするしかないでしょう。もう一度、木曽桧で木取りをやり直せばいいだけです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷宮の屋根製作

稲荷宮の製作を進めていきます。

正面、後側 全てに垂木の方を並べ終わりました。

垂木が並べ終えたので屋根板を貼る前に破風の加工をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

八脚案の足のホゾを付けて、胴付きを合わせました。

次に足の土台の在庫が今回使う分なかったので作ります。

土台の大きさを決め、長さを切り、ほぞ穴の墨をしました。

ほぞ穴の墨に合わせて角のみで穴を開け、アリ段を付けました。

明日もきっといい日です。

しん

木製灯籠の火袋

木製灯籠の火袋ができあがってきました、

まだ製作途中の物もたくさんありますが、在庫が少ないので助かります。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com