彫刻付棚板の側板彫刻

彫刻付棚板の側板彫刻の続きをしました。

模様の彫刻が終わったので次は縁を山になるようにします。

明日もきっといい日です。

しん

彫刻付棚板の製作を進めていきます。

縁、模様の彫刻が一通り終わったので後は気に入らない部分を彫刻と小刀をしっかり研いで

直そうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

御霊爾の製作は続いています、長さを決めて勾配切り、
四方留めの箱は逃げがなく、正確な加工が要求されます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

御霊爾の製作

御霊爾の仕上げをしていきます。

御霊爾10枚入りの方の蓋と板をしあげて発送出来るよう準備します。

明日もきっといい日です。、

けん

格子を天板に貼りました。

次に側板の巾を決め、仕上げをし、勾配を切りました

その後受け桟を作り、格子を貼った天板の長さ、巾を決め、前の木端に単板を貼りました。

側板の後に桟を入れる所を取りました。

明日もきっといい日です。

しん

図面を書いています、現場確認していろいろ思案しています。
どのような木柄の材料を持っているか確認しながらの作業です。
どうせ作るなら、よく乾燥したいい桧使って製作したいです。
見積まではもう少しかかりそうです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。

御霊爾の製作

御霊爾

御霊爾の製作、40台くらいを製作します、木曽桧の柾目を正面に来るように木取ります。

明日もきっといい日です。

おやかた

八足の天板アリ加工

八足の脚の柱の木取加工をしました。

次に脚の柱の仕上げをしてホゾを取り、胴付きを決めました。

天板の裏面の仕上げをして長さを切り、アリ溝を付きました。

脚の土台が入るようにして次は脚を組み立てようと思います。

明日もきっといい日です。

しん

辛櫃の脚の加工をしていきます。

アリ段を付いて布を通すための穴をあけました。

これで辛櫃の板の方へアリ溝加工を出来るかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com