地桧の一枚板の八足完成

地桧の一枚板の八足完成

地桧の一枚板の八足の天板の上面を機械で仕上げて、木端と木口を鉋で仕上げました。

脚のハタガネを外し、天板に入れて、巾45と巾35の地桧の一枚板の八足が完成しました。

次は地桧の接ぎ板の八足の製作を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮7寸の垂木溝を加工していきます。

やっと全部の垂木溝を掃除できたのでまた、桁梁の加工を進めていきます。

今回は彫るだけでしたがつぎは垂木を並べていくときも同じくらい大変です。

明日もきっといい日です。

けん

小さなお宮の勝男木製作

小さなお宮の勝男木製作をしました、長さ1cm×直径5ミリの極小の勝男木です、手元を刃物が通過するので押さえ木を使いますが力の入り具合ではねてしまうことがあるので緊張する作業です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

地桧の一枚板の八足製作

地桧の一枚板の八足

厚屋根一社宮の破風の勾配を切り長さを決めました。

次に破風にむちかけの穴を空け、屋根に取り付けました。

一度厚屋根一社宮の加工を止めて、地桧の一枚板の八足の製作を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

御霊璽

御霊璽 のご注文をいただいたので早々に製作しました、土台部分は既に製作した物があるので中板だけを製作するだけなので急ぎの注文に対応することが出来ます。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の垂木の墨付け中

垂木墨付け用の棒も製作して3社とも同じ墨が出来るようにしておきます。

白引きで必要な墨をひたすら書いていきます。1社に付き垂木が27本つきます。

明日もきっといい日です。。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com