唐櫃の銀杏面

唐櫃箱の仕上げ最後の加工をしていきます。

ほぼ、全ての部材の調整が終わりましたので、箱角部分を銀杏鉋で加工していきます。

どうしても木口削りになるのですぐ切れやみがきますので銀杏鉋の刃を研ぎます。

明日もきっといい日です。

けん

唐櫃を置く台の試作完成

試作四方転びの脚と貫のホゾと胴付きの加工をしました。

次に天板のホゾの位置を墨して、ドリルでホゾ穴を空け、鑿で綺麗にしました。

加工が大体終わったので組立をしました。

少し貫の胴付きが長かったですが加工の仕方はわかりました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です