唐櫃のあられ組の加工

唐櫃のあられ組の加工を始めて行きます。

この前の欅の板ではできませんでしたが、ギリギリまで鋸で取ってから

鑿で突いて合わせていくやり方でやっていきます。

この前より木が柔らかいのでやりやすいです。

明日もきっといい日です。

けん

八足の脚組立

八足と四足案の土台のアリが入るように鉋で削り合わせました。

次に土台と天板の上面の仕上げをして、八足の脚を組み立てました。

四足案の脚は奥行の貫を入れ組立をしました。

明日もきっといい日です。

しん

柳筥の三角材仕上げ

柳筥の三角材仕上げ、1本づつ各面を手鉋にて仕上げます。

軟らかい材木ですがあまり長切れしないので頻繁に鉋を研ぎながら作業です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です