稲荷宮の銅板葺

稲荷宮の銅板葺

稲荷宮の銅板葺が始まりました、すでに割り付けは済んでいるので

軒付け部分から銅板を貼ってゆきます。

明日もきっといい日です。

おやかた

板屋根違い三社宮(大)の屋根を取り付けました。

その後はこの前作った八脚案の天板が間違っていたので天板だけを作り直しました。

次は袖板の木取加工をして組立をして、袖を取り付けてから棟持柱を付けました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮の部品加工を進めていきます。

まずは束柱の方を本数分木取りしまして適当に並べておきます。

これから、浜床部分や側板など細かい部品も全て揃えて加工も済ませてからでないと

組立はすることが出来ませんので1つずつ片付けていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です