灯篭火袋の部品の加工

灯篭火袋の部品を加工していきます。

細長い棒をすべて仕上げして、長さすべて切ってから加工していきます。

灯篭火袋は部品が多いので大変です。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺屋根違い三社宮(大)の胴を組み終わったので高欄床と屋根板の木取加工をしました。

前の屋根板は巾が広いので接ぎました。

次に高欄床の勾配を切り、サネの溝を付きました。

明日もきっといい日です。

しん

高欄床のサネ加工

高欄床のさね加工部分です、床は3方向あり巾が異なるので

止め先は45度ではなくあほ止めになります。小穴に1分厚の横木をいれて

組立てるとまづ外れることはありません。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です