鰹木の加工

神明宮の鰹木の加工をしていきます。

色々やり方はあると思うのですが今回は旋盤の方で鰹木を製作していきます。

6本くらいなのですぐ終わると思いますが節などに気を付けながら作業していきます。

明日もきっといい日です。

けん

ねじ式の八足のあしを組立てました。

天板の木場と小口を仕上げて、八足は完成しました。

次に板葺袖付宮の扉板のほぞを加工し、組立てました。

戸あたりと横板と幕板の長さも切り、取付けました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の銅板屋根の下地を加工はじめました、

まず基準になる隅の下地材を取付けます、屋根が照り屋根で

アールになっているので微妙に勾配を付けながら、並べてゆきます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。