茅葺袖付宮の高欄の加工

茅葺屋根違い三社宮の屋根周りの部品を加工しています。

左右と中央の屋根を組立てまして、それに合わせて垂木や破風などの加工をしていきます。

破風と左右の屋根はあと少し加工するところがあります。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の高欄のコロの加工をしました。

コロは8角で長さが12㎜と短く数が多いので加工が大変です。

平桁の上に付くコロは筋を入れます。

次に擬宝珠柱の加工をして、茅葺袖付宮の高欄の部品が揃いました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の笠木を太鼓引きの曲がり丸太から木取りしました、

3方を削って、矩を出してあります。

天場のアールをバンドソーで挽いてだいたいの形を決め、

背割りを埋め木始めました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。