稲荷鳥居の笠木背割りの埋め木

稲荷鳥居の笠木の木造りが済んだので、背割りを埋め木します、

6年ほど乾燥させてありましたが背割りはあまり開いておらず

桧の5分くらいまでの薄板を使っての埋め木しています。

明日もきっといい日です。

おやかた

厚屋根違い三社宮の土台額縁を取付けました。

御扉は先に製作していたので残すは高欄と鰹木位となりました。

完成まであと少しでが高欄は部品が多いし、加工が大変なので

もう少し時間がかかりそうです。

明日もきっといい日です。

けん

昨日から木主の加工をしています。

木主は一番上の段以外は厚さと巾を決めるだけで特に難しい加工がありません。

一番上は板が入るのでラジアルでしゃくります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です