この前制作していた稲荷宮

この前、製作した稲荷宮ですが今思えば、屋根が完成してから

本体へ乗せた覚えがなかったので今日乗せてみました。

胴だけ見ているとそれほど大きくは見えなかったのですが

屋根を載せたらかなり大きく見えますね。もう一社稲荷宮の製作頑張ります。

明日きっといい日です。

けん

虹梁と海老虹梁の彫刻がほとんど終わりました。

後は海老虹梁の面を取ったら、

土台に付ける彫刻は終わりです。

次は屋根に付ける懸魚と手挟みを彫っていきます。

明日もきっといい日です

しん

稲荷宮の高欄床の組立、束、貫などが高欄の床下を通り、

各部材が組み合わさってくるので、かなり複雑な構造になっています、

ほぞ穴を掘り忘れたり、小穴を突き忘れてないか確認をしてからの組立、

床板の留めにはやといざねを入れて、強度をあげ、ノリを入れて、

1日乾かせば鉋仕上げができます。

明日もきっといい日です。

おやかた


 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスにて

http://ise-miyashi.com/

神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは

メールをご利用ください

oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です