稲荷灯篭の破風製作

稲荷灯篭の破風を製作しています、久しぶりに糸鋸を挽いてみるので

梶原糸鋸製作所の新しい鋸刃を使ってみました、これが抜群にいい、

0.3ミリのシャーペン線を0.5ミリの鋸刃がぶれずに軽く挽くことができました。

この精度なら象嵌も上手くできそうです。

おやかた

神明宮の屋根の方が出来上がってきました。

銅板の拭き方を少し考え、ある程度板金方法が決まったので

御瓦の方を順番に並べていきました。

次は、アオリや笠木の方を加工していきます。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の袖長押の長さを切りました。

部品が出来たので組立てました。

次に御扉の部品の木取りをしました。

今は柱と長押の加工をしています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷灯篭の火袋組立

稲荷灯篭の火袋組立をしました、

各部品は朱色に塗装するので鉋仕上げをしてから、#240のペーパーで

表面を均一にします。

これから屋根部分を加工、組立します。

明日もきっといい日です。

おやかた

板葺袖付宮の袖部品の仕上げをしました。

袖長押は2本取りの長さに切り、袖柱は少し長めに切り、袖板は長さを切り目ました。

次に袖長押と袖柱の組み合わせる所をラジアルソーで取りました。

その後に袖柱の勾配を切り長さを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の御瓦の加工を始めていきます。

勾配を切って取付けていくだけなのですが板金のことを考えて加工しないといけませんので少し取付をやめて板金の方法を考えます。

出鱈目に取付けると板金作業で大変困ったことになりますので考えながら進めます。

明日もきっといいい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の屋根組立

神明宮の屋根の方が形になってきました。

屋根板の方はすべて取付け終えましたので次は御瓦の方を準備していきます。

胴の周りがまだ全然進んでいませんので完成まではまだかかるかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷灯篭の製作を進めています、火袋の加工が終わり、

塗装前のペーパー仕上げ、面取りをしています。

明日もきっといい日です。

おやかた

板葺袖付宮のアオリ板に千木の穴を開け、鰹木を丸めました。

土台の方の組立も始めました。

次は袖の部品の加工を始めました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

砥石の日

明日は砥石の日の応援に京都まで出かけます、

そこで鉋を研いだり、桧を削ってみたり準備をしてました。

チラシにあるように来場された人に鉋削り体験をしてもらいます、

この夏から伊勢、東京日本橋、津とあちこちで鉋削り体験をしてもらい

鉋とゆう滅びゆきそうな道具を多くの人に知ってもらうことを実践しています。

今回もどんな人と出会うのかとても楽しみです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

小型御霊舎の御扉組立

小型御霊舎の御扉の組立をして、定規を取付けました、

小型御霊舎の御扉は基本的には金具を取り付けないので

正面から釘が打てません、それゆえ糊付けしてクランプで挟んでおきます。

このクランプが結構強力でじかに使うと柔らかい木曽桧の木地に傷がつくので、

小さな当て木をします。

明日もきっといい日です。

おやかた

板葺袖付宮の笠木の仕上げをしました。

次に長さを切り、鰹木の置く所をラジアルソーで取りました。

次にアオリ板の勾配を切り、長さを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の屋根板の方を取付けていきます。

こちらの面は後で銅板を葺いていくので多少「節」などが見えております。

板を並べて止めていくだけでは強度が不十分な気がしますので一応サネも入れて並べていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

板葺袖付宮の屋根取付

神明宮の屋根の加工をしていきます。

屋根の巾が1mを越えてきますのでどうしても1枚板では難しいため

別の板をつなぎ合わせて屋根板を製作していきます。

なるべく隣同士の板の色が合うように接ぎ合わせていきます。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の棟持柱の勾配を切りました。

次に屋根と棟持柱を本体に取付けました。

次に笠木周りの部品の木取加工をしました。

明日もきっといい日です。

しん

小型御霊舎の製作が進んでいます、御扉のほぞの丸め加工中、

ルーターで外側の丸め加工をし、内側は鑿で角を取ります。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

丸鉋のリベンジ

昨日は全く太刀打ちできなかった丸鉋仕上げ、

今日はもう一度研ぎ直して、調子を低くすると仕上がりました。

丸形を整えるためには余分に何度も鉋で削り、歯形に合うまで削ります。

これでなんだか納得しました。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の破風を取付けました。

破風を取付けましたので屋根板の方を木取りしていこうかと思います。

明日中に屋根板を取付始められるといいかなと思ってます。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の土台に胴を取付けました。

次に棟持柱の木取りしました。

丸の大きさより1㎜大きく削り、丸のカッターで面を取りました。

丸棒サンダーで丸めて長さを切りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の屋根加工

神明宮の屋根周りの加工していきます。

先に墨をして加工してあるのですが、やはり微妙に合わないので調整して取付けていきます。

破風を取付たら屋根の方を加工していけると思います。

明日もきっといい日です。

けん

檜扇の箱の仕上げをして、箱が完成しました。

次は板葺袖付宮の垂木の長さを切りました。

垂木を取付ける定規が1つなかったので、定規を作り取付けました。

明日もきっといい日です。

しん

檜扇の製作を続けています、鏡板の丸め作業を始めましたが

木曽桧と違い、わずか7寸ほどの間に逆目が出来て止めることができません、

何度も丸鉋を研ぎ直してみましたが残念ながら太刀打ちできませんでした。

仕方ないので、ペーパーで修正します。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

檜扇の箱の組立

檜扇の箱の枠の留めを切りました。

次に枠の組立をしてから底板を枠より少し大きく作り、枠に取付けました。

次に蓋が枠の溝に入るように厚さを決め、長さを切りました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の屋根組立用土台が出来ましたので早速組立ました。

今回は垂木部品がないので破風、サス板を加工して取付ければ銅板下地の準備ができます。

もうちょっと屋根の方を進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

檜扇の製作をはじめています、すべて友木で作るため材料の選別します。

木目を合わせるために裏返したり、ひっくり返したり

まるでトランプの神経衰弱です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷鳥居の板金

稲荷鳥居の板金を進めています、笠木の天場板金をが済み、

柱の木口、根巻きの板金をしています。

5寸柱が出来、4寸柱へ仕事は移っています。

明日もきっといい日です。

おやかた

檜扇の箱の蓋を入るようにしました。

最初に作った分だけでは少し足りないので追加で何個かを作っています。

枠の大きさが決め終わり、蓋の入る溝まで付きました。

次は留めを切り、枠にします。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の屋根を組立てるための土台を製作しました。

板金するときにやはり必要かと思いまして製作中です。

今日組立ばかりですので明日この上で屋根骨組みを組立てようと思います。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com