雲板付棚板の製作

大きな雲板付棚板を製作しています。間口180cmもあり、

お客さんが今までお祀りしていた神棚と同じ雲板を製作しています。

大きな雲板は型抜きに使うミシン鋸の懐が浅くて回らず手鋸で挽いて

形を整えました。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮(尺)の加工を始めました。

材料の木取りをしてあったので朝からひたすら墨付けをしておりました。

一度製作したお宮ですので検竿や原図すべてそろっているので墨を確認して材料へ写していきます。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根違い三社宮の鰹木を取付けました。

その後に茅葺一社宮の土台に束柱を立てるためのダホ穴を開けました。

今は横に通る方にダホ穴を開けています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

 

テーブル完成

自宅を新築してから10年目でやっとテーブルが完成しました。

床に座っての生活が大変になってきたので、

先日より製作中のあぐら椅子が完成し、大急ぎでテーブルの脚を作りました。

本日よりテーブル、あぐら椅子生活が始まりました。

中段に小引出が必要とのことでついでに合板で製作中。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷宮 尺

稲荷宮(尺)の木取りを開始しました。

まずは大まかな骨組み部品を木取りしていきます。

土台、本柱、向拝柱、桁、棟梁などの部品をきどっていきます。

向拝柱だけ目の良い材料が見つからず、現在も置いてある材料から探しております。

明日もきっといい日です。

けん

テーブルの土台部品が出来上がったので組み立てました。

テーブルの天板は自宅にあるので自宅で取付けます。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根違い三社宮

厚屋根違い三社宮の鰹木を丸め始めてもらいました。

厚屋根違い三社宮の部品がほとんど揃ったのでちょっと加工や組み立ては変わってもらい私の方は「稲荷宮(尺)」の木取りを始めていこうかと思います。

頑張んて製作させてもらいます。

明日もきっといい日です。

けん

家のテーブルの高さを変える準備をしています。

テーブルの下に物を置くための台を作っています。

幅が広く長いので接ぐのが大変でした。

明日もきっといい日です。

しん

テーブルの脚のつなぎと棚板ように、ホウの木を木取りしました、

まだ乾燥不足のような重さですが、自宅用なので使うことにしました。

これは長さ4mの材料の切り残し、長さ6尺×巾2尺あります。

明日もきっといい日です。

おやかた

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

小鉋のさび落とし

ヤフオクで落札した小鉋が錆がひどくこのまま放置すると深く錆が入り込んで

使い物にならなくなります、そこでさび落としをしました。

まず液体さび落としにしばらく漬け込んで錆が浮き出したところを

スチールブラシでさびを落とします。もう一度液体さび落としに漬け込んで、

浮いた錆びをふたたびスチールブラシでこするとほぼ完全に錆が取れます。

かなりの数の鉋刃を仕上げ直しました。

明日もきっといい日です。

おやかた

6尺の八脚案の天板を仕上げています。

前回の板はかなり仕上げやすい木目でしたの簡単に仕上げることができましたが

今回は少してこずっております、しっかり鉋を研いで仕上げていきます。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根違い三社宮の登りの加工をしました。

勾配を切ってから穴の位置を墨してから穴を開け、

穴の間をミシン鋸で切り抜きました。

今は上になる方を丸めている所です。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

八足の製作

またまた、6尺の八脚案の製作です。

流石に前回みたいな2枚接ぎで行けるような材料は今回はないので      3枚接ぎで行かせてもらいます。

3枚接ぎでも似た色と似た目の材料を接いでいるので殆ど継ぎ目は解らないと思います。

大変忙しくなってきました。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺一社宮のの土台の組み合わせる部分が取り終わったので

次にキダンを取付けるためにほぞの加工をしました。

その後は厚屋根違い三社宮の手伝いで鰹木にダホ穴を開けました。

明日もきっといい日です。

しん

あぐら椅子がすべて組みあがったので塗装をします、

今回は扱いが一番簡単ですぐに塗ることができる荏油を塗りました。

季節がいいのですぐに乾き、座面を取付けることが出来そうです。

次はテーブルを高くするための脚を作らねばなりません。

明日もきっといい日です。

おやかた

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

茅葺一社宮の土台加工

厚屋根違い三社宮の高欄を考えながら組立中です。

べニアの方へ原図が書いたのでそれに合わせて位置があっているか確認

現在出来上がっているお宮へ置いてみて違和感が無いか確認

大体思った通りに行きそうなので、このまま進めていこうかな

明日もきっといい日です。

けん

茅葺一社宮の土台の幅を決めて仕上げをし、長さを切りました。

次は組み合わさる所に墨をしてラジアルソーで取ります

縦に通る方が取り終わったので今は横に通る方を取っています。

明日もきっといい日です。

しん

あぐら椅子の組立を進めています、現在4台を組立て終わりました。

骨組みを組んでから隅木を4方に入れて強度を増します。

この隅木の真ん中に下穴が開けてあり、座面をビスで止めます。

明日もきっといい日です。

おやかた

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

厚屋根違三社の高欄

厚屋根違い三社の高欄周りの加工を始めました。

高欄の部品は細かいものが多いので加工するときは気を付けて行います。

明日、高欄の束を加工して組み立てる準備をしていきます。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺一社宮の加工を始めました。

今は土台の木取りをして幅と厚さを決めています。

明日もきっといい日です。

しん

今年初のたけのこを収穫しました、小ぶりのおいしそうな初物に春を感じます、

周辺の竹やぶではじいさんたちがたけのこ掘りに来ているのですが

我が家敷地にやっと春が訪れました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

あぐら椅子完成

あぐら椅子を1台だけ完成しました、座面に布張りまで済ませました、

ちょっと布にしわがはいったり、がたが出たりしているので

残りを組む時は注意して組み立てます。

明日もきっといい日です。

おやかた

厚屋根違い三社の土台額縁を取付けております。

両サイドの桟木だけでは弱いような気がするので

間に3本ほど桟木を追加して床を補強しておきます。

底にはあとで板を取付ので桟木などは全く見えなくなります。

明日もきっといい日です。

けん

木主の一番上の段の長さを切りました。

今は一番上の段の所に底板を付けています。

一個ずつ付けているので時間が掛かります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷鳥居の笠木背割りの埋め木

稲荷鳥居の笠木の木造りが済んだので、背割りを埋め木します、

6年ほど乾燥させてありましたが背割りはあまり開いておらず

桧の5分くらいまでの薄板を使っての埋め木しています。

明日もきっといい日です。

おやかた

厚屋根違い三社宮の土台額縁を取付けました。

御扉は先に製作していたので残すは高欄と鰹木位となりました。

完成まであと少しでが高欄は部品が多いし、加工が大変なので

もう少し時間がかかりそうです。

明日もきっといい日です。

けん

昨日から木主の加工をしています。

木主は一番上の段以外は厚さと巾を決めるだけで特に難しい加工がありません。

一番上は板が入るのでラジアルでしゃくります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com