桧一枚の八足完成

桧一枚の八足が完成しました。

高さはそれ程ありませんがやっぱり天板のが広くて厚い板ですから持ち上げる結構重量があります。

さっそく荷造りをして発送しました。

明日は台風で工場へこれるかわかりません。飛んでいきそうな物を中へ片付けて台風対策。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根一社宮の高欄製作

厚屋根一社宮の高欄の地伏、平桁、架木の組み合う所をラジアルソーで取りました。

次に束の長さを切り、平桁の上に乗る束に筋を付けました。

次は擬宝珠柱を作ります。

明日もきっといい日です。

しん

玉垣4寸

玉垣4寸の製作を始めました。柱の加工、ホゾ穴を空けています、本数が多いので時間が必要です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

八足の組立

製作していた八足案の方が完成しました。

桧の一枚板も厚さが4.2cm、それに合わせて脚の方を少し太い目に製作しましたので

かなりずっしりとした感じになっております。

高さが座礼用にしてはちょっと低すぎますので1段くらい高さの上がった場所に置いてお祀りするんだと思います。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根一社宮の高欄製作

外に置いてあった鳥居用の丸柱をしまいました。

次は厚屋根一社宮の高欄の製作を始めました。

地伏、平桁、束の木取加工をしました。

明日もきっといい日です。

しん

厚屋根通三社宮(中)

厚屋根通三社宮(中) が出来上がりました。これは金具無し、金具ありは金具を取り付ければ完成です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

雲板付格子棚板完成

雲板と上の板にビズを打ち、木端に貼っておいた単板を仕上げて完成しました。

単板は仕上がりにくいのでしっかりと研いだ刃で仕上げました。

明日もきっといい日です。

しん

桧の一枚板の八足案の製作を進めていきます。

アリ式土台の方が完成したので天板へアリ溝を加工していきます。

殆ど機械の方でアリ溝を加工してそれから鉋で調整していきます。

アリが硬すぎると割れますし柔らかくても意味が無いので加減しながら削ります。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺一社宮 正殿型

茅葺一社宮 正殿型 を新しいバージョンにしたのに写真を撮り忘れており
改めて撮影しました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

雲板付格子棚板の組立

雲板付格子棚板の組立

雲板付格子棚板の柱を16角にしました。

その後板に柱のホゾ穴を空け、柱を丸めました。

柱と雲板の長さを切り、組立をしてから受け桟を作りました。

板の木端に単板を貼っておきました。

明日もきっといい日です。

しん

八足案の製作を進めていきます。

アリ式八脚案なのですが、尺5用と尺2用の土台の予備がないため土台から製作していくことになります。

今回は桧の一枚板でサイズも大きいので脚の方も少し大きく木取りしました。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮(中)の御扉製作

厚屋根通三社宮(中)の御扉製作を始めています、柱、長押を切り欠き加工、
御扉のホゾ穴を空けています。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

桧の一枚板の八足の製作

稲荷鳥居は塗装が終わるまで少し放置しておきます。

その間、桧の一枚板の八足の方を製作していこうかと思います。

天板の巾が尺5と尺2くらいの巾の広い天板になりますので

アリ段用の土台の製作もしないといけません。

明日もきっといい日です。

けん

組立ておいた格子を板に貼りました。

次に雲板の巾と暑さを決め、模様を付け、仕上げをして組立をしました。

柱にホゾを付けて雲板までの胴付きを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

別誂えの御霊舎

別誂えの御霊舎が出来上がったので、必要な神具を並べてみました。

神具サイズを大きさに合わせて変更してあるので、お客さんに要不要を決めていただきます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷鳥居の製作

稲荷鳥居の笠木

稲荷鳥居の笠木の背割りを埋める作業をしていきます。

笠木と、鳥居の柱と背割り部分を埋めていかないといけないのでまぁ、大変ですね。

笠木の背割りは埋め終わったので次は鳥居の柱を埋めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

今日は板葺流れ造8寸の図面を書いていました。

ある程度の図面は完成していますが、寸法が余り正確ではないので寸法を修正しながら書いています。

明日もきっといい日です。

しん

昨日現場採寸した場所に収まる御霊舎の図面を書いていました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

御霊爾の製作

御霊爾の製作

別寸の御霊爾を製作しました。太い柱を一柱だけの御霊爾はどっしりと貫禄があります。

明日もきっといい日です。

おやかた

15日、16日「ミニ削ろう会IN伊勢」に参加してくださった遠方よりお越しくださった皆様大変ありがとうございます。

来年もできたらいいかなと思っております。

さて、連休も明けたので注文品を順番に片付けていこうかと思います。

稲荷鳥居の笠木を木取って加工していきます。

明日もきっといい日です。

けん

八足

八足の製作をしました。

最初に天板の板を剥いでおき、次に脚の柱の材料の木取りをしました。

脚の柱のホゾを仕切り胴付きを決めました。

その後天板のアリ段を付き、脚を組み立てました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

唐櫃

唐櫃の方が完成しました。

スタジオの方へ移動させてしっかり撮影しておきます。

これから輸送するための梱包作業をしていこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

大社宮の金具打ち

大社宮の金具を打ちました。

その後大社宮と木曽桧の一枚板の八足の荷造りをしました。

なるべく隙間がなくなるように荷造りをしています。

明日もきっといい日です。

しん

柳筥

柳筥の写真撮影をしました。若干暗めになってしましましたが、

調整すればもっとすっきりします。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

木曽桧の一枚板の八足完成

唐櫃最後の金具の取り付けをしていきます。

蝶番や鍵のネジが内側に少し見えていますのでそれを隠す金具を取り付けていきます。

隠し金具を取り付けたら唐櫃は完成です。

明日もきっといい日です。

けん

木曽桧の一枚板の八足完成

八足の脚のアリを天板のアリ溝に入るようにしました。

次に脚の仕上げと面取りをして組立をし、ハタガネで固めておきました。

天板の上面を仕上げて、面取りをして木口を仕上げました。

脚を入れて木曽桧の一枚板の八足が完成ました。

明日もきっといい日です。

しん

唐櫃のにない棒仕上げ

唐櫃のにない棒を丸くして、木口を仕上げて完成です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

にない棒の丸め

唐櫃最後のにない棒を丸鉋で仕上げていきます。

2寸の丸鉋は大変調子がいいの問題なく仕上げていけます。

これで唐櫃は一通り完成しました。

明日もきっといい日です。

けん

八足のアリ溝加工

もう一台の柳筥の底の紐通しをして2台とも完成しました。

次は木曽桧の一枚板の八足の製作を始めました。

天板の材料を木取加工をして水で拭いておきました。

乾いてから裏面の仕上げをしてアリ溝を付きました。

明日もきっといい日です。

しん

地桧の八足

地桧の2段式八足の製作を始めています、

柾目の二枚接ぎで9寸と尺巾の 上下の段が同じ桧で取れました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com