神明宮の御扉の加工

神明宮の御扉の加工を進めていきます。

端喰の方を4か所加工して合わせていていきます。

御扉の端喰さえ取付けてしまえば完成まであと少しだと思います。

明日もきっといい日です。

けん

木曽桧の一枚板の八脚案の脚を組みました。

次に天板の木口の仕上げをして、完成しました。

その後に前、作った八脚案の荷造りをしました。

明日もきっといい日です。

しん

別誂えの低床板屋根通三社宮の土台、胴、屋根の組立を同時に進めています、

各部品を一つにまとめて、お宮の形になるにはもう少し時間が必要です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

低床板屋根通三社宮の別誂

低床板屋根通三社宮の別誂えを製作中、

屋根板の上面をキワ鉋で仕上げしている動画を上げてみました。

明日もきっといい日です。

おやかた

踏み台の脚の長さを少し長めに決めて、鉋と鑿で墨の所まで削りました。

次に真っ直ぐなところに置いてガタガタしていたので、高い所をもう一度取り、踏み台が完成しました。

次はアリ式の八脚案を作っています。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の御扉の方を加工していきます。

御扉板なのでなるべくきれいな材料で左右同じ板でとれるよう木取りしていきます。

長さを切ってしまう前に一応、御扉金具のバランスがこれでいいのかだけ確認のために並べています。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

2段式八脚案

地桧材で製作した2段式八脚案が出来上がりました、

上段にお宮を設置、下段に神饌を並べます。

ホームページで紹介してある組立式3段案は組立、解体が簡単にできますが

この2段式八脚案は常設用のもので分解ができません。

大きなサイズのものなので荷造り発送すると大変ですが

お客さんが取りに来ていただけます。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の胴の方を組立て行きます。

昨日、側板の方の加工が終わったので

正面の本柱、方立、貫の方を組立てました。

明日もきっといい日です。

けん

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

玉垣の組立

神明宮の側板の材料を木取りしていきます。

側板の材料はだいたい揃ったのでこれから組めるように

サネを入れる加工などをしていこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

玉垣の貫のほぞ加工の続きをしました。

次に底板の木取加工をしました。

玉垣の部品が揃ったので、1対組立をしました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の棟周りの部品、千木、鰹木の板金ができました、

最後に笠木、アオリの板金を終えれば神明宮の板金は終わります。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の長押の加工

神明宮の長押の方を加工しました。

長押を合わせたのでこれから側板の方を木取りして胴を組立てられるように

進めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

玉垣の柱と垣板の勾配を切り、長さを決めました。

数が多いので勾配を切るだけでも大変です。

今は貫の長さを切り、ほぞを付けています。

明日もきっといい日です。

しん

板葺袖付宮の組立が進み、袖部分を取付して

だんだんとお宮の形が見えてきました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の長押加工

稲荷鳥居、玉垣が一段落したので神明宮の製作を進めていきます。

本柱を仕上げている途中だったのでまずは本柱を仕上げて

長押の加工を始めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮の新設に伴い、古い稲荷灯篭をひきとってきました、

銅板をはがし、ガラスを抜いて、木部分を解体します。

もっともありふれたタイプの稲荷灯篭です。

明日もきっといい日です。

おやかた

この前に引き取ってきた古い稲荷灯篭の解体をしました。

解体が終わってからは3寸5分の玉垣の垣板の長さを切りました。

次は柱と垣板の勾配を切ります。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の銅板屋根完成

神明宮の銅板屋根が出来上がりました、まだ笠木周りが残っていますが

来週中には出来上がりそうです。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の本柱を丸鉋で仕上げていきます。

丸鉋の刃を良く研いでも、台があっていないと中々削れません。

台直しをしたり刃をしっかり研いで明日も仕上げ作業頑張っていきます。

明日もきっといい日です。

けん

玉垣の柱に貫のほぞ穴を開けました。

次に垣板の木取りをして、幅を決めました。

リップソーを使って割るために2階から降ろして来たら天板が錆びていたので錆びを取りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

神明宮の胴加工

神明宮の胴回りの加工を進めています。

貫など通して一応土台との位置だけを確認しておきます。

問題なく組み立てられそうなのでこれから柱の方を丸めていこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

玉垣の3寸5分の在庫が少なかったので作っています。

柱の部品の木取をして、大きさを決めました。

仕上げと面取りをしてから長さを切りながら前後を決めています。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の柱加工が終了し、塗装を依頼しました。

月末位には出来上がりそうです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

格子付棚板の製作

格子付棚板の製作を始めました、もろもろがちょうど一段落したので

2,3日で出来る仕事を挟み込みました。

お正月に向けてどの仕事もあまり余裕がありません。

ケガをしないように焦らず進めたいと思います。

明日もきっといい日です。

おやかた

神明宮の胴回りの部品を仮組中です。

柱の中で組むような感じですので貫がスッと入るように微調整していきます。

後の方は大体合わせましたのでこれから前の方も同じように合わせていきます。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の屋根を組立ててもらっています。

屋根が出来てきたので胴の根違いを取りながら屋根を1つずつ勾配に合うように削り合わせています。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

鰹木の加工

神明宮の鰹木の加工をしていきます。

色々やり方はあると思うのですが今回は旋盤の方で鰹木を製作していきます。

6本くらいなのですぐ終わると思いますが節などに気を付けながら作業していきます。

明日もきっといい日です。

けん

ねじ式の八足のあしを組立てました。

天板の木場と小口を仕上げて、八足は完成しました。

次に板葺袖付宮の扉板のほぞを加工し、組立てました。

戸あたりと横板と幕板の長さも切り、取付けました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の銅板屋根の下地を加工はじめました、

まず基準になる隅の下地材を取付けます、屋根が照り屋根で

アールになっているので微妙に勾配を付けながら、並べてゆきます。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com