イガデハク2019出店

イガデハク2019

イガデハク2019に鉋による薄削り体験と桧のはしづくり体験で出展させていただきました。どこでやっても薄削り体験はとても感動してもらえます、今回初めての箸つくり体験は大人も子供も関係なく一心不乱に鉋を使って箸を作っています、さすがに疲れてくるので少しお手伝いをして完成します。皆さん今宵の夕食に使ってくれていると思います。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

稲荷宮七寸の銅板屋根の下地を製作

稲荷宮七寸の銅板屋根の下地を製作してきます。

中央に2本左右の屋根と同じ反りの材料を取付てこの上へ屋根板を並べていきます。

もうじき屋根は完成するかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

昨日固めておいた天板の長さと巾を決めました。

次に雲板の木取りをして巾と厚さを決め、雲の墨をしてミシン鋸で切り抜きました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

雲板付格子棚板の格子組立

雲板付格子棚板の格子を組み立てました。

その後天板の厚さを決めて巾を大きめにして仕上げをしました。

組み立てておいた格子を天板の裏面に貼りプレスで固めておきました。

明日もきっといい日です。

しん

稻荷宮7寸の製作を進めていきます。

3社分反りを合わせたので内側にも下地屋根の芯を入れていこうかと思います。

午後から少し欅のテーブルを仕上げていたのでちょっと稲荷宮の作業が進んでおりません。

明日もきっといい日です。

けん

左官工事

工場の基礎との段差が激しくなってリフトが乗り上げにくくなったので
左官工事をしてもらいました。寒い時期なので3日間ほど車の乗り上げ禁止とのことです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

欅のテーブル塗装

欅のテーブル塗装

欅のテーブル板の裏面を仕上げてウレタン塗装を施しました、樹脂で埋めた所も上手く出来上がり、塗装しても全く変化はありません。一晩放置してから、脚を取付、表面をもう一度磨いてから塗装します。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の銅板下地屋根の製作をしていきます。

ほぼ下地屋根は型を抜いて削り合わせましたが微妙に右と左で合わないので

それを最終微調整してから次へ進みます。

明日もきっといい日です。

けん

雲板付格子棚板の格子にホゾを付け、胴付きを決めました。

次に格子の組み合う所をラジアルソーで取りました。

格子の枠の木取りをして、ほぞ穴を開け、仕上げをして留めを切りました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

東海テレビの取材

午前中は雲板付格子棚板の格子の木取り加工をしていました。

午後からは東海テレビの撮影の続きで厚屋根一社宮の組立をしているところを撮ってもらいました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮の下地屋根を合わせていきます。

下地屋根の心材を取り付けられるように反りを合わせています。

左右の心材が同じ大きさになるようもう一度微調整します。

明日もきっといい日です。

けん

別誂えの御霊舎製作

別誂えの御霊舎製作 神饌段を取り付けました、間口が170cmもあるので1寸厚の木曽桧を使いました、人が乗っても大丈夫なくらい丈夫な神饌段になりました。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

雲板付格子棚板の製作

雲板付格子棚板の巾が違う物を2台作り始めました。

天板の木取をして厚みを揃えてから木端を削り接いでおきました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

伊代ちゃんが来店

松本伊代ちゃんと藤本晶子アナが来店されました。お二人ともとても朗らかな方で
楽しい撮影をしていただけました。今回撮影された
東海テレビ「スイッチ」は12月19日(木)9:50ー11:15に放映されます。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮の銅板立ち上がり部分を製作していきます。

破風を加工したときと同じように粗方帯鋸で抜いて反り鉋、平鉋で調整して

取り付けていきます。

仮止めをしてみたのですが下地の心材が少し大きすぎたのでもう1cmほど落としてから取り付けてます。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根一社宮の笠木の長さを切りました。

次に勝男木を置く所をラジアルソーで取り、端にダホ穴を空けました。

笠木を鉋で仕上げてから面取り、木口仕上げをして屋根に取り付けました。

勝男木を入れて厚屋根一社宮が完成しました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

鉋調整

最近調子が悪くて薄削り用の刃物が作れず四苦八苦、なぜか右端が当たらない状態で力の加減を変えながら研いでおりました、明日は東海テレビの取材で松本伊代ちゃんが来るらしいので彼女に削ってもらえるように鉋の準備をしてました。なんとか変な癖も直り、まま削れるくらいには調整できました。お会いできるのがとても楽しみです。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

欅のテーブル塗装

欅のテーブル塗装

欅のテーブルの天板をウレタン塗装しました。節の大穴は樹脂で埋め多少のデコデコはあるものの欅の木目が強調されました。乾いたら裏面や脚も同じようにウレタン塗装を施します。

明日もきっといい日です。

おやかた

特注御霊舎の枠の削り合わせをしてきました。

普段は箱型に完成してから削り合わせることが殆どですが

今回はサイズがかなり大きく完成してからでは振り回したら微調整しながらはめていくのが難しくなりますので先に正面の枠だけ削り合わせてから箱型に組み立てます。

明日もきっといい日です。

けん

特注御霊舎の枠を削り合わせに現場に行きました。

サイズが多きので削り合わせるのも中々大変です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

材木市

材木市

朝から材木市に出かけて少しだけ材料を仕入れてきました、木曽桧は殆ど出品されてないので地桧の板とケヤキ材を少しだけ購入しました、よく乾燥したケヤキ材はすぐにでも加工可能です。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮7寸の彫刻が終わったので厚屋根一社宮のアオリ板の加工に戻りました。

長さを切り、千木の穴を空けて、面取りと木口仕上げをして屋根に取り付けました。

次に笠木の木取りをして巾を決めてから勾配の付いた定規を使い、上が山になるようにしました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷宮七寸の製作を進めていきます。

昼過ぎまで毎年開催される材木のブランド材の市に行っておりましたので

あまり進んでおりません。

内側の反りを大体合わせてから外側の反りを抜いていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは
下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com