低床厚屋根通し三社宮の高欄の加工

神明宮の御扉の方を仕上げていきます。

御扉板の方を仕上げていって、ホゾの所を丸めたので

御扉定規の方を取付て組み立てられるようにしました。

明日もきっといい日です。

けん

別誂え低床厚屋根通し三社宮の高欄の加工の続きをしました。

地伏、平桁、架木の組む所をラジアルソーで取り、組みました。

次に束の長さを切り、高欄を組立てました。

擬宝珠柱の長さを切り、登りの木取加工をして取付をして高欄が完成しました。

明日もきっといい日です。

しん

別誂え低床厚屋根通し三社宮を組立ました、

御扉を加工組立すれば完成です。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

2 Replies to “低床厚屋根通し三社宮の高欄の加工”

  1. こうして 我が家の神棚の製作過程を拝見することができ、有難く 誇らしくもおもいます。西口神具店 とのご縁に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です