稲荷宮の新設現場

稲荷鳥居と稲荷玉垣を新たに設置するため現在あるものを解体、撤去を始めました。

およそ30年前に設置されたものですが、柱材に桧を使ってあるため

シラタ部分は朽ち果てていたも赤身の芯はしっかりとしており、

チェーンソーで切断しなければなりません。

銅板の笠木、柱の木口蓋、根巻きが桧材を保護していました。

明日もきっといい日です。

おやかた

稲荷宮鳥居の解体工事を進めていきます。

表面だけコンクリートが入っていたので、めったに使わない

コンクリートハンマーで周りを砕いて残っている柱を抜けるようにしていきます。

大体解体の方も済みましたので明日掃除、取付前の穴を開ける作業へ入っていきます。

明日もきっといい日です。

けん

稲荷宮鳥居と稲荷玉垣の解体工事をしました。

玉垣の貫を鋸で切り、柱と分けて解体しました。

土台のアンカーのボルトは錆びていましたが綺麗に取れました。

明日もきっといい日です。

しん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です