神明宮胴周りの加工

神明宮胴周りの加工を進めていきます。

貫の加工が大体すんだので、本柱の方を八角に加工していこうと思います。

八角にする前に貫以外の穴を一度埋め木してから加工します。

明日もきっといい日です。

けん

板葺袖付宮の鰹木の加工の続きをしました。

次に笠木にアオリ板の位置を毛引きで墨をして、笠木を組立てました。

笠木を組立てたので本体の方に取付けて板葺袖付宮が完成しました。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷灯篭の柱加工が出来上がり、すべての部品が完成しました。

ペーパーで表面を仕上げ直して、塗装を依頼します。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です