小型御霊舎の御扉組立

小型御霊舎の御扉の組立をして、定規を取付けました、

小型御霊舎の御扉は基本的には金具を取り付けないので

正面から釘が打てません、それゆえ糊付けしてクランプで挟んでおきます。

このクランプが結構強力でじかに使うと柔らかい木曽桧の木地に傷がつくので、

小さな当て木をします。

明日もきっといい日です。

おやかた

板葺袖付宮の笠木の仕上げをしました。

次に長さを切り、鰹木の置く所をラジアルソーで取りました。

次にアオリ板の勾配を切り、長さを決めました。

明日もきっといい日です。

しん

神明宮の屋根板の方を取付けていきます。

こちらの面は後で銅板を葺いていくので多少「節」などが見えております。

板を並べて止めていくだけでは強度が不十分な気がしますので一応サネも入れて並べていきます。

明日もきっといい日です。

けん

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です