神明宮の屋根加工

神明宮の屋根周りの加工していきます。

先に墨をして加工してあるのですが、やはり微妙に合わないので調整して取付けていきます。

破風を取付たら屋根の方を加工していけると思います。

明日もきっといい日です。

けん

檜扇の箱の仕上げをして、箱が完成しました。

次は板葺袖付宮の垂木の長さを切りました。

垂木を取付ける定規が1つなかったので、定規を作り取付けました。

明日もきっといい日です。

しん

檜扇の製作を続けています、鏡板の丸め作業を始めましたが

木曽桧と違い、わずか7寸ほどの間に逆目が出来て止めることができません、

何度も丸鉋を研ぎ直してみましたが残念ながら太刀打ちできませんでした。

仕方ないので、ペーパーで修正します。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、
ご訪問のつでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です