茅葺屋根違い三社宮の屋根組立

 

茅葺屋根違い三社宮の屋根を組立てています。

破風を最初に取付けてそれから垂木を並べていきます。

左右の屋根も同じようにしたらどうの方へ取付けていきます。

中央の屋根に関しては左右の屋根の茅屋根、笠木がのってからの取付になります。

完成まではまだかかりそうです。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の高欄を組立てる定規を作り、高欄を組立てました。

茅葺袖付宮の部品が揃ったので、次にお稲荷さんの玉垣の木取りを始めました。

今は柱と貫の木取りをして、なるべく節が出ないようにバンドソーで切ります。

お稲荷さんの部品の木取りは初めてなのでわからないことが多いです。

明日もきっといい日です。

しん

稲荷鳥居の笠木の背割りの埋め木、節の埋め木が出来ました、

これから墨付け、穴あけ、ほぞ取りなどの加工を始めます。

稲荷玉垣の木取りも始まり、大きな材料が工場中にあふれ出しています、

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com