茅葺袖付宮の高欄加工

茅葺屋根違い三社宮(小)の製作を進めています。

階段を組立てて金具まで取付ておきました。

階段の方も出来上がったのでこれから胴と土台天板をつなげて組立に入っていこうかと思います。

明日もきっといい日です。

けん

茅葺袖付宮の高欄の木取りをしました。

地伏などの加工をしました。

上の擬宝珠柱は加工してあるものがあったのでそれを使います。

明日もきっといい日です。

しん

ヤフオクで鉋「女盛」を入手しました、価格も安く、あまり使っていないようです。

この刃口移動台がついていました、台の表面を削り直して見栄えを良くし、

刃口をぎりぎりまで攻め直して削れる状態まで台を修正し、

とんでもない刃を研ぎ直しました。水研きを使っても地金が硬く

なかなか下ろすことできませんが、

じっと辛抱して手研ぎが出来る所まで修正、刃を付けてみましたが

欠けがいっぱい出て、薄削りまではとても及びません。

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com