稲荷宮の棟加工

稲荷宮(尺)の銅板下地がすべてそろいました。

屋根本体の方も半分以上葺き終わっているのでもうすぐ笠木周りも葺きはめるかと思います。

私は作業台の方を片付けて、欄干周りの加工を始めていきます。

明日もきっといい日です。

けん

手挟みの2個目の彫刻が終わり、仕上げをして完成しました。

次は懸魚の彫刻の準備をしました。

絵を書いて、線の外側をミシン鋸で切り抜きました。

今は形を鑿や彫刻刀を使って整えています。

明日もきっといい日です。

しん

先日、調整を済ませた鉋台に漆を塗りました、

気温20度、湿度80%の絶好の漆塗り日和、

1回目の拭き漆は3時間ほどで乾き、2回目の生漆を厚塗りしています、

今回は拭き取らずに乾いてから磨きをかけて、拭き漆をすればどうなるやら?

明日もきっといい日です。

おやかた

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com