ひもろぎ台の柱加工

 

八足案ねじ式の座の部分が壊れてしまったみたいなので修理します。

アリ段式の八足は何回か直したことがあるのですが

ねじ式の八足を修理するのは初めてですね。まぁ、修理といっても一度穴を埋めて金具を付け替えるだけなのでそれほど手間はかかりません

明日もきっといい日です。

けん

ひもろぎ台の柱と垣板の勾配を切り終わり、部品の加工が大体終わりました。

次は底板の仕上げをします。

仕上げが終わったら組立に入ります。

明日もきっといい日です。

しん

棚板の前に下げる別染の神前幕を合わせてみました、

ちょうどいいサイズで出来上がっています。

雲板に神前幕を下げる紐をひっかけるヒートンを付けるための

下穴をあけました。

明日もきっといい日です。

おやかた

 

「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。
神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です