厚屋根違三社宮の原図

去年は特注品の神棚ばかりやっていたので既製品の神棚の在庫が少なくなってきました。

いつから始めたかわかりませんが「厚屋根違三社宮」の仕様を変更しようと思って書いた原図を仕上げていきます。

大体の形が見えてきたので木取りを始めたいと思います。

明日もきっといい日です。

けん

厚屋根通三社宮の半柱の長さを切り胴に取付けました。

次に厚屋根通三社宮の屋根の木口を18度の勾配で切り長さを決めました。

今は垂木と破風を木取しています。

明日もきっといい日です。

しん

チームBのWAKUさんがカナダ人の削リストを連れてやってきました、

薄削りにはまっていて、来日の目的は三木の金物屋さんめぐりや

WAKUさんとの薄削り対決らしいです、

工場でも木曽桧の材料を熱心に削っていました、私は鉋の準備が

出来なかったので手元にある鉋での薄削り、いい数字が出るはずもなく

雑談をして帰られました、久留米の大会にも出場するようです。

明日もきっといい日です。

おやかた

 


「ひとりごと」は題名をクリックするとコメントが書き込めます、ご訪問のついでにご利用ください。


神棚、神具、御霊舎の専門店・西口神具店のホームページは下記のアドレスhttp://ise-miyashi.com/
神棚、神具、御霊舎のご注文やご相談などお問い合わせは
メールをご利用ください。
oyakata@ise-miyashi.com

2 Replies to “厚屋根違三社宮の原図”

  1. ありがとうございました。
    おかげで、とても楽しんでいただけました。
    カナダにヒノキが無いことを初めて知りました。

    1. 少々言葉が通じなくても薄削りに対する情熱は我々よりずっと上なので何を知りたいか、何を伝えたいかはよくわかりました。もう久留米大会の参加まで決めておるとのことで驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です