HOME神棚 > 板屋根の神棚 > 板葺袖付宮

板葺袖付宮

神棚全体図
幅430×奥行230×高さ390
小型の社ですが 木曽桧の柾目9mm板を使っています。
奥行きを小さくするために階段はありませんが
高欄、袖板 棟持柱(むなもち)などすべてそろっています。
神棚の千木
高さを低くするために千木は一穴に省略してあります。
奥行きも23cmと小さくしてあります。
千木の取付 神棚の御扉
御扉金具小さいながらも釘打ちで取付けてあります。
御扉は柱を太く 大きくしてあります。
神棚の高欄
高欄もしっかり組んであり、
木口も鉋仕上げ、面取りをしてあります。
神棚の高欄
このように御扉と高欄は取り外はずし中に御神札をいれます。
内陣は幅130mm×行50×高さ235-280mmあります。
棟の部分が三角になっているので3mmくらいの厚みの御神札であれば
高さ280mmのものが入ります。
角祓大麻を収めてみました。
神棚と神具
飾り付けには幅65cm×奥行35cm×高さ40cmのスペースが必要です

神棚と神具
飾り付けには幅75cm×奥行35cm×高さ40cmのスペースが必要です